不動産業界特化型制作会社サービシンク
> 【19年新卒採用の振り返り】新卒採用を終えた人事が伝えたい6つのコト

【19年新卒採用の振り返り】新卒採用を終えた人事が伝えたい6つのコト

2018/08/07 採用情報

サービシンク人事ディビジョンの石井です。来週からお盆が始まりますね!地元へ帰省する方や、海外旅行へ出かける方などさまざまだと思いますが、皆さん暑さにご注意ください!オフィスにいても熱中症にかかることはあるので、暑さ対策を怠らず乗り切りましょう。

さて!7月が終わり、2018年も半分が過ぎました。昨年8月から開始している2019年卒の新卒採用ですが、7月末で募集終了となります。18年新卒はすでに終わりかけのタイミングに石井が入社したこともあり、1から関われませんでしたが19年新卒では多くの学生と会うことができました。

そこで今回は、19年新卒採用の振り返りと、今年内定承諾をしてくれた2名の新卒に向けてのメッセージを最後にブログを閉めようと思います。

①初の新卒採用をどう設計していったのか?

新卒採用を1から設計する上で「サービシンクにとってのベスト」を探るのに時間がかかりました。限られた採用予算をどこに投下するか、ターゲット像の「MUSTとWANT」の設定をどうするか、どの媒体を使えば確実に採用出来るか、費用対効果が高いか・・・身近にいる人事の先輩方に相談していたのですが、いかんせん同規模のベンチャー企業が少なく状況も似ていないので迷走していました。

②なぜイベント型採用に至ったのか?

そこでもっとも身近であり、もっとも信頼を置いている「石井の妻」に相談しました(笑)と言うのも妻は同じ新宿にあるベンチャー企業「デジタルトランスコミュニケーションズ」にて人事をしており、帰宅した後に「こういった悩みにぶつかってるんだけど、どうすればいいかな?」と相談する事も多く、アドバイスを貰っていました。そこでイベント型採用を教えて貰い、リアライブ社を紹介して貰うことに。

話を聞いていくうちに、新卒のうちからベンチャー企業という「厳しい環境」に身を置きたいと考える様な学生、説明会や選考だけでは見られない学生の本質的な部分まで見たいという要望を叶えられると感じました。

そもそもイベントの間、学生は自分の考えをしっかりと話せないと企業側からも興味を持って貰えないので「なんとなくイベントに参加してる」では話にならないのです。それでもイベントに参加して自分をアピールしたい!という学生が集まるイベント。そして私は前職の経験から学生と話すのが超得意で、惹きつけはできるので19卒はイベント型採用で行こう!と決めたのでした。

③イベントの準備でキックオフも開催

そうして正式に申し込みも終わり、イベント型採用が決まりました。この時すでに9月半ばで、イベント参加へは4ヶ月を切っている様な状態でした。イベントに出るのは代表と石井だけではなく、スタッフへも参加要請をして当日の流れなどを事前共有する為に、キックオフを開催。11月にはイベント見学もしていたので、メンバーから質問の想定もしておりスムーズに進み年末を迎えました。

④イベント当日に意識していたコト

1月末に1回・2月中に3回参加しました。大枠の説明をすると、最初に7分間のプレゼンを行い、その後に学生投票がありマッチングした方と座談会へと進みます。なので座談会や1対1の特別面談などは基本的に「サービシンクに興味を持っている学生」と話せます。4回のイベントで140名以上の学生と話し「どういった基準で企業を探しているか?」「就職活動に対してどういった不安を持っているか?」「周りもやってるから動いているけど、就活の目的が分からなくなってきた」など早期に動いている学生ならではの悩みでした。

石井が前職で経験していたのは「看護学生向けの就活イベントへの集客」で看護学生が中心でしたが、学部が違えど悩んでいるポイントは同じ。自分は何になりたいのか?でした。

⑤イベント後の会社説明会で伝えていたコト

学生に伝えていた事は過去のブログ(19年新卒の学生さんへ:就職活動を行う目的とゴール設定)を読んで頂ければと思いますが、何をやりたいのか?を見つける事は至難の技で、私ですら明確な目標が出来たのは最近の話で、過去を遡っても目の前にある仕事を「何の為にやっているのか?」を考えながらもがむしゃらに経験した事で現状があります。何をやりたいのか?ではなく「自分は内省した結果、◯◯の仕事をやるべきだ」と考えて欲しい。その考えがサービシンクの新卒に提供できる事と合致した時に応募して欲しいと伝えていました。

なので残念ながら、説明会後に選考に進まない学生もいましたが、無責任にとりあえずうちの会社受けてみなよ!とは言えませんし、そんな事を学生に強要もしたくありません。サービシンクには足りない部分がありますが、それでも現状を打破して最強の会社にしたいと私は本気で思っています。思うのは簡単、実現するのは難しいのですが(笑)

こちらも前回のブログ(20名以下のベンチャー企業へと未経験人事として転職し1年がたった今、感じるコト)で書きましたがそんな「過渡期にあるサービシンク」にジョインする事は楽しいハズです。その上で選考を受けるかどうか?は学生に決めて貰う事です。ただ常日頃から言っていますが、選考を突破して内定を承諾してくれた学生に「なんだこの会社」と後悔させないように会社作りをしています。

⑥入社を決めてくれた2名にむけて

サービシンクへの入社を決めてくれてありがとう!スタートアップのベンチャー企業に入社を決める事は、簡単な判断ではなかったと思います。数多くの学生と話しましたが「自身と会社の成長をリンクさせたい」「自社のサービスを笑顔で話せるような人になりたい」「主導権を自ら握りにいくグリット力の高さ」を考え持っている学生は多くなかった。

短期間の選考の中で成長していく様であったり、考え方や人柄などを見ていく中で一緒に働きたいと石井は強く思っていました。来年4月入社までのインターンはアルバイトですが「ここまでやっておけばいいか」ではなく積極的に仕事を取りにいって欲しいなと思っています。その為のサポートは石井が全力で行います。来年4月までに最高のスタートを切れる様に一緒に頑張りましょう!

最後に

左の19卒K君、中央の19卒Hさん、弊社専属カメラマンのWebディレクターNさん

18年新卒も頼れる存在になってきました

新卒採用は17年卒から本格的に始まり、今年で3年目を迎え20年新卒もイベント型採用で進める予定です。今後も採用担当として新たな風を吹き込み、今年入社した新卒、来年入社予定の新卒ともに今まで以上のスピードで会社を成長させていきます。

そんなサービシンクでは中途採用を積極的に行っております!ベンチャー企業で働くのって面白そう!と感じてくれた方はぜひご応募ください!皆様からのご応募、お待ちしております!


石井 真司 人事ディヴィジョン

社外での就活セミナー講師や人材系営業を経て、社内唯一の人事担当に着任。採用だけでなく、組織の発展に繋がるよう制度作り・環境作りに邁進しています。

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
2020年卒エンジニア採用につきましては、こちらのサイトからご応募ください。

ページTOP