不動産業界特化型制作会社サービシンク
> 人事1年生の石井が、30歳を来年にひかえ今後「何を考え・何をやるべきか」を内省してみた!

人事1年生の石井が、30歳を来年にひかえ今後「何を考え・何をやるべきか」を内省してみた!

2018/10/30 採用情報

サービシンク採用広報の石井です!今月は3本目の人事ブログです。気づけば11月にさしかかり1年終わりそう‥「はっ!誕生日!」そうです!11月は私の誕生月なのです。気づけば来月で29歳、そして来年で30歳を迎えます。

誕生日プレゼントはお問い合わせフォームからお願いします(笑)

上京した当初から、地元の愛知県ではなく情報や先端技術が集中している東京で『30歳までに成功する』と決めていました。石井が上京したのは20135月なので、ちょうど5年半たちました。上京当初から言ってきた、30歳がいよいよ近づいてきました。

そこで今回のブログは、30歳を手前にして「いま何を考えやるべきか?そしてその延長線上に「サービシンク」がどう交わっているか?」をあらためて考えてみました。

最近、中途で応募される方の中に石井と同世代の方が多く、似た様なことに悩み考えているのではないかな?と思います。この記事を読んで、少しでもサービシンクに興味を持って貰えたら嬉しいです。そしてサービシンクであれば、いま入る理由がある!と思っていただけたら、ぜひ応募してください。

サービシンクでは積極的に中途採用を実施しています!ぜひご応募ください!

 

①30歳を来年にひかえて

私は高校を卒業してから働いているので、社会人歴は10年目。今でこそパソコンを使って仕事をこなし、スマートフォン上でSlackやメッセンジャーでコミュニケーションを取っていますが、メールの書き方やエクセルの使い方も知りませんでした。むしろ「どうやってパソコンの電源ってつけるの?」「何もやってないのに動きが止まった!」と騒いでいました(笑)

他社の10年選手と比べてパフォーマンスを発揮できているかは、人様の判断なので何とも言えませんが、冒頭にも書いた通り30歳を手前にして「今後自分はどうあるべきか?このまま普通の会社員でいいのか?」と悩むことが増えました。人事系のセミナーに参加し社外の人と話すことで余計にそう感じたのかもしれません。

そんな私に追い打ちをかけるような(笑)30歳を過ぎた頃から同じ社会人でも明確な差が出始める件」というブログ記事を見つけました。個人のFacebookでもシェアしたのですが、複数の同世代の人からイイね!がついたり、代表からもブックマークしてたよと言われました。

書いてある通りで、同世代の「●●会社へと転職しました!」といった報告が非常に増えてきました。大手からベンチャーに飛び込む方、逆も然りですが20代で積んできた実績を元に、新たな道で頑張ろうとしている。そしてそこには、選ばれる人と選ばれない人がいる。

自身に置き換えてみると、人事としてのキャリア昨年7月から始まったばかり。人材業界で幅広く仕事をしてきたというものの、人事はまだ初心者レベルです。

そんな自分に残された道はなにか?

 

②OR思考よりAND思考

IT業界に身を置いている方々にありがちですが、正解追求思考に強い傾向があります。ですが会社が拡大していく為には、「ヒト・モノ・カネ」の部分で矛盾が生じます。昨日までの戦略が今日には変わることもしばしば。それはサービシンクも同じです。

闇雲に手法を変えている訳ではなく「最善を尽くす為に」何ができるかを考えて、違った手法がいいのであれば、そちらに移行するだけの話。事案に対して一つひとつ「昨日言っていたことと違う!」と叫んだところで無意味です。

積極的にインプットアウトプットを繰り返し、一方通行の情報だけではなく、AND思考を持って複数方向の情報から最適案を出していく。入社当初、採用のみ担当していた頃はそれをを理解していました。ですが私が所属しているのは大手企業でも老舗企業でもなく、ベンチャー企業です。採用だけをやっていればいい訳ではありません。そもそも採用は人事の中の一つの業務に過ぎません。

評価制度・広報・仕組み化など入ってくると「自身がやったことのあるやり方で時間をかけずに成功したい」と考え方が凝り固まってきます。とくに私の場合は、人材業界にいたこともあり「ゼロベースで物事を考える」ことに苦労しています。どうしても主観が入ってしまうのです。AND思考は、みるみる内にOR思考になっていきました。

自身が感じていた無茶振りも、もしかすると成長の種だったのかもしれません。
「出来っこない、絶対にムリだ」と断る回答を探していたのかもしれません。
日々積み重ねていたのは「1.01ではなく0.99」でむしろ減退していたのかもしれません。
会社が永続的に成長する上で必要な「矛盾」に真っ向から向かい、一つひとつ超えていき最適案を出していく。その数を増やしていく。それが30歳を目前に控えた私のやるべきことだと感じるようになりました。

 

③サービシンクに所属する理由

現在バックオフィスには、役員・人事・総務と計4名が在籍。人事はまだ石井のみで、現状追加募集する予定はありませんので、リソースも限られています。そして愛のある無茶振りも、日々降ってきます(笑)それもOR思考ですべて片付けるのではなく、AND思考で「何かいい方法はないものか?」と変えていくことが大事。

また新卒の説明会で「大手がよいか・ベンチャーがよいか」と議題に上がることが多いですが、答えは「あなたがどうしたいか?」です。私は最短で人事としての成長を望んでいるからサービシンクにいます。矛盾や厳しい局面に耐えながらも前に進んで行くことを自ら選んでいます。

「何もない」がサービシンクにはあります。当然、厳しい局面も勿論あります。ただ、0.99ではなく、日々1.01で小さなプラスを足していける環境、それがサービシンクです。

 

あとがき

いかがでしたか?今回のブログの読者は求職者の方であり、自分でもありました。29歳を迎え、来年30歳を漫然と迎えるのではなく、結果を出して実績を積んで最高の形で迎える為に、何をするか忘れない為にも書きました。

また先日代表が「答えを導き出すための4つのステップ」というブログを書いていましたので、そちらもぜひあわせてお読みください。

サービシンクでは積極的に中途採用を実施しています!ぜひご応募ください!


石井 真司 人事ディヴィジョン

社外での就活セミナー講師や人材系営業を経て、社内唯一の人事担当に着任。採用だけでなく、組織の発展に繋がるよう制度作り・環境作りに邁進しています。

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
※2019年度新卒採用は募集を締め切りました。

ページTOP