不動産業界特化型制作会社サービシンク
TOP > ブログ > 制作実績 > CRO(A/B検証) > 物件詳細ページのデザイン刷新でお問合せ数115%UP!!

物件詳細ページのデザイン刷新でお問合せ数115%UP!!

2017/06/29 CRO(A/B検証)

目標お問合せ数 105%を大きく上回る115%を達成!

株式会社サービシンク×株式会社レオパレス21

目標お問合わせ数105%を大きく上回る115%を達成!


お客様の状況

・ 2014年からABテストを繰り返し実施
・ 順調にお問合わせ数は向上し続けたが、伸び悩み始める
・ 昨年対比でお問合わせ数は下回る状況に
・ 自社調査の結果、お問合わせの決め手は「賃料」


サービシンクの仮説

・ 上段の賃料・住所・間取りだけを見て離脱する人も多いのでは?
・ 情報が多すぎてお部屋の魅力まで理解しきれて無いのでは?


実施策

1. 物件詳細ページ上部に、お部屋のアピールポイントと費用だけを設置2. デザイン上の装飾要素は極力減らし、必要な要素だけでリデザインする

リニューアル前 リニューアル前
▶︎
リニューアル後 リニューアル後

成果

・ 資料請求数が昨年対比115%にアップ!!
・ 公開当日からお問合わせ件数が急増
・ 安定してお問合わせ件数が目標値の105%を越える状態を作ることができた



お客様インタビュー

株式会社レオパレス21 大谷和郎 様

社内での課題・目標

弊社では入居率の増加は大切なミッションですので、部署ではSEM運用・サイト改修・分析業務を実施し、反響件数の増加に努めています。
毎年、昨年対比100%以上の反響件数が目標です。


サービシンクのCRO(ABテスト)導入のきっかけは?

以前は現状調査や市場調査を基にUIを実装していました。ただ、実装するにあたり精度の高い仮説があったとしても公開して初めて結果が分かる為、リスクヘッジが非常に難しかったです。
そこで、2014年よりOPT様と不動産企業のWebインテグレーションに特化しているサービシンク様と連携し、定量分析+定性分析から仮説を作り、低リスク・高速実装が可能なCRO(ABテスト)を主軸とした改善体制にシフトしました。特に定量分析だけでなく、定性分析も合わせUI案を作るサービシンクさんのプランニングが気に入りました。


CRO(ABテスト)導入後、課題や目標に対する成果は?

顕著に反響率が上がり驚きました。
特に詳細ページはABテストで最も良い数値を出したUIをオリジナルのテンプレートとして踏襲した日から一気に反響率が高まり始め、昨年対比で反響率が115%向上。結果的に反響件数も100%以上を達成したのはとても印象深いです。


今後の御社ミッションにおける展望

去年はNGだったUIが今はOKに変化したりと「世の中の気分」の移り変わりは早く、さらに何が利用者にとって一番良いのか、絶対的な正解はありません。その為、常にユーザー目線に立ち、試行錯誤を繰り返しながらサイトを進化させ続ける事が必要だと考えています。


体制
株式会社OPT
株式会社クロスフィニティ

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
新卒採用のご応募につきましては、こちらのサイトよりお願いいたします。

ページTOP