不動産業界特化型制作会社サービシンク
> 人事から見たサービシンクの働き方とは?

人事から見たサービシンクの働き方とは?

2018/05/16 採用情報

 

こんにちは!株式会社サービシンク人事ディビジョンの石井です!GWも空けて今年もいよいよ半分が終わろうとしています。新卒採用も3月から2ヶ月経ち落ち着いてきた印象です。一方で夏場にかけて求職者の方が増える時期でもあり、面接・面談が増えてくる事が予想されます。

石井が入社したのが昨年7月(詳細はこちらのブログから!)なので、今月で10ヶ月目です。人事として仕事をしているので、毎日社内全体に対して人一倍目を光らせています。

そこで今回は新卒・中途問わず、応募しよう!となった際により会社のイメージをして貰える様、各チームをご紹介したいと思います。ぜひご覧ください!

 

チーム毎の仕事の進め方や特徴ってどうなの?

サービシンクには大きく分けて6つのチームが存在します。

①ディレクター・マークアップエンジニア・デザイナーが所属しているWebインテグレーションディビジョン
②システムエンジニアが所属しているシステムインテグレーションディビジョン
③総務が所属している総務・管理・サポートディビジョン
④人事が所属している人事ディビジョン
⑤代表・秘書が所属しているクオリティインプルーブメントディビジョン
⑥自社サービス「アトリク」を展開予定の新規事業開発ディビジョン

各事業部毎にサービシンクらしさを残しつつも業務の進め方がさまざまです。

①Webインテグレーションディビジョン

職域毎の距離感が近く日頃からミーティングが行われています!

■クライアントが気づかない部分にも気づける存在に!
毎週金曜日に、職域毎ではなくチーム全体での制作ミーティングを実施しております。
内容として、各案件のディレクターから進捗報告&課題共有からのナレッジを貯めて共有資産を増やしています。もっともクライアントワークが多い事業部の為、成功事例の共有は重要です。

■チームメンバーの年齢幅も広く働きやすい環境
在籍しているメンバーも20代〜40代と幅広く、知識と経験を持った人間が数多く在籍しているので、経験が浅い方でも丁寧に教えます。ディレクター5名&マークアップエンジニア2名&デザイナー2名(1名育休中)の計9名体制となっております。

■代表は全国でWebディレクター養成講座を実施しています!
全国でWebディレクター養成講座を行っている代表から、直接アドバイスを受ける事が出来ます。

②システムインテグレーションディビジョン

毎朝実施のスタンダップミーティングは4月から始まりました!

■開発力の向上を目的としチーム内の連携に注力!
毎朝「スタンダップミーティング」を実施しています。社員・外部パートナー様に関係なく、全員で当日のタスクを共有。業務の進め方に対するアドバイスであったり、意見交換を積極的に行っております。また新卒中途関係なく、入社後数日目から丸投げ!とならないように、プロジェクト毎でのオリエンテーションを開催し状況把握。

加えて全体キックオフミーティングという名の飲み会(笑)も定期的に開催。社内でもっとも人数が多い職種のエンジニアですが、開発時は少人数に分かれてしまうので、連携強化⇒開発力向上⇒組織力向上を意識し、コミュニケーションを多く取るようにしています。社員6名・外部パートナー様5名の計11名体制です。社内で最も人数が多いチームです。

■技術者としての成長環境
エンジニアの方が転職時に気にされている点として「会社の成長だけでなく技術者としての成長」だと思います。スタンダップミーティングもしかりですが、メンバー発案の企画が通る事が多く、PCやモニタ、キーボードなどのマシンも相談の上購入が可能です。チームを作っている段階なので、積極的に発言していく事でスピード感持って変えていく事が可能です。

③・④バックオフィスチーム

総務マネージャーが1つ1つ作りました!
社内飲み会は同じメニューではなく季節なども考え、毎月変更をしています!

■会社を裏方から支えるチーム!
総務と人事は共に行動する事が多いので、バックオフィスチームと纏めました。我々も毎週月曜日に1時間半時間を取り現状報告と共有を行っています!組織活性化につながる様な施策を考え、実行に向けての企画立案しています。メンバーの中には役員もいる為、物事が決定し進むスピードが早いのも特徴です。毎月恒例の月一飲み会やランチ会などのイベントも、バックオフィス主導でお店の選定から社内調整など行っています。

■戦略人事と戦略総務
裏方から支えるチームとしてバックオフィスは企業に存在しますが、我々は「考え抜くこと」を強みにしている集団です。就業環境や社内の雰囲気をただ改善するだけではなく、どうしたら作業効率が1%でもあがるか?どうしたら何のノイズも気にする事無く働いていけるか?を念頭に置いて考えています。ミーティングでもノーアイデアのブレストはナンセンス!根拠が有りきの情報が飛び交うので、とっちらかる事もなく企画がドンドン決まっていきます。総務・人事・役員1名づつの計3名体制です。

⑤クオリティインプルーブメントディビジョン

タクシーが会社に着くのを確認中の秘書を撮影

■代表を全力で支える社内唯一の秘書
全社の就業時間は9時30分からですが、1分も代表が時間をむだにせずに働く事が出来るように、始業前の8時30分から秘書ミーティングを毎日実施。他にも会食の手配、タクシー手配、交流会への同行など代表の動きを全力でサポートしています!

⑥新規事業開発ディビジョン

■自社サービス「アトリク」
社内初の自社サービスを、5月末ローンチ予定です!不動産会社様とエンドユーザー様を繋ぐチャットサービスとして、不動産業界のコミュニケーションを「不動産×IT」に特化した当社の強みを活かし、より便利で快適なモノへと変えていきます!詳細は正式にローンチした際に、あらためてサービシンクHPにて詳細公開予定!

 

働く社員はどんな人?

会社の社風である「本質的に考えぬく」を明確に理解しているメンバーが在籍しています。上記に挙げたスタンダップミーティングや制作ミーティング、そしてバックオフィスミーティングでも「まぁこれでいいか」という言葉が出ることはないです。なので創立8期目のベンチャー企業ですが、会社のスタイルとしてはベンチャーらしさのスピードは保ちつつも、確実性と根拠を求められます。入社して数ヶ月も立てば「何にでも疑問をもつ癖」が自然と出来上がります!

2018年1月に公開したWebディレクターのインタビューで、Webディレクターの平野も語っていましたが、人事である石井もブライベート問わず「細かい事に気づく様になった」と言われる回数が増えました。ベンチャー企業に大いにしてある「まずやってみる」ではなく「徹底分析してやる根拠を出して確実に勝ちに行く」がサービシンクのスタイルです。ただ時間は無限にある訳ではなく制限があるので、業務時間は社員全員がとてつもない集中力で業務を進めています。19名規模の制作会社で直請け案件が9割近くを占める中、月平均残業時間が22時間というのもここに理由があると思っています。

 

あとがき

如何でしたか?各チーム毎の業務の進め方や、どういった人物が働いているかを書きましたが、面談・面接では詳細をお話しております!少しでも興味を持たれた方はぜひお気軽にご応募ください!中途応募はこちらから!19年新卒ではWebエンジニアを募集しています!


石井 真司 人事ディヴィジョン

社外での就活セミナー講師や人材系営業を経て、社内唯一の人事担当に着任。採用だけでなく、組織の発展に繋がるよう制度作り・環境作りに邁進しています。

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
2019年卒エンジニア採用につきましては、こちらのサイトからご応募ください。

ページTOP