TOP採用ブログ > 【初回にして満足度90%超え!】サービシンク代表×人事でのキャリア相談会が無事終わりました

【初回にして満足度90%超え!】サービシンク代表×人事でのキャリア相談会が無事終わりました

2020/12/01 採用ブログ

サービシンクの石井です。先日ブログにも書いたオンラインでのキャリアイベントですが、無事終了しました!ご参加頂いた皆様、お忙しい中、ありがとうございました。

弊社主催のオンラインイベントは過去に何度か行っていますが、今回のような企画・登壇・運営までの全てを1人で行うのは「初」でした。課題点・反省点はあるものの、大きなトラブルなく終える事ができました。

そこで今回はオンラインイベントに至るまでの裏側をお見せしたいと思います。オンラインイベントは今後主流になっていくのは間違いないので、参考になる部分があれば嬉しいです。

またイベントのアンケート、イベント後のアンケートも一部公開しますので、自分も同じような悩みを持っている……という方はぜひ人事石井のTwitterまでご連絡ください!1on1しましょう。

サービシンクでは中途採用を積極的に行っております!
ご興味がある方はこちらからご応募ください!

 

イベントを実施するに至った背景

詳細は前回の人事ブログに書きました。新型コロナウイルスが蔓延し「これからどうすればいいのか」を考え始めた方々からの、転職支援の依頼を石井TwitterへとDM頂いた事がキッカケです。

前回のブログにも書いたのですが、

『20年8月頃から日々Twitter上で、採用・教育にまつわる話や、転職・就職で生かせるような情報を発信しております。

土日を除き1日10ツイート以上呟いており、求職者の方や知人から「新型コロナウイルスの影響で仕事を辞めざるを得なくなった、転職を手伝って欲しい」とDMが来ることが何度かありました。石井は過去にキャリアコンサルタント……というと難しく聞こえますが「転職支援」を行っており、その時の経験を元にしてお話できるので何名かご相談に乗っていました。

いきなり履歴書の書き方や、面接対策を行うのではなく自己分析に時間をかけて「本来自分がなにをやるべきなのか?」考えることで、面接がただの受け答えの場ではなく自己表現の場となり、未経験ながらも内定を勝ち取る方が何名か出てきました。

本来転職エージェントが行っている転職支援とは違い、もっと上流の自己分析から始め、時間がかかる転職活動ですが、石井自身100社以上「人事職」を落とされながらも、未経験でサービシンクに専属人事としてねじ込んでいるので説得力もあったのだと思います(笑)

またサービシンクには未経験で入社してきた人材や、大手からベンチャーに飛び込んできた人材が多くいるので「未経験の人材を採用する時に採用担当者が何をみているか?」も伝えていました。

転職相談が1名・2名・3名……と増えていくことで「こういった話を聞きたい方は多いのではないか?特にコロナ渦の今、転職を考えている方が一定数いるのではないか」と考え、代表に相談しイベントの開催が決定しました。』

 

準備は入念に

当日は石井1人で下記機材を使用しました

  • MacBook Pro×2台
  • iPad×1台
  • iPhone×1台
  • Webカメラ2台
  • 三脚
  • 外部モニター1枚

皆さんが感じた事を代弁すると「多くない?」ではないでしょうか(笑)

ここまで機材を使ったのには理由があります。まず私がオンラインイベント初回という事もあり、とてつもなく緊張する事は目に見えていました(笑)

今回参加してくださった方々はチャットも多くしてくださり、イベントを温めてくれる方々でしたがそれでもやはり表情が見えない・リアクションが分からないというのはやりにくいものです。

誤魔化しも効かない。シンプルに話術と内容で勝負しないといけなくなる。
いいじゃないですか、最高です。石井が大好きなやつです(笑)
上記のような状況から「間違いなく、過去最大に緊張する」事は目に見えていました(笑)

目的は「参加者の方々の気持ちを動かして、具体的に成功へ持っていくこと」だったので、上手に話そうとは最初から思ってはいませんでした。ただ伝え漏れがあることだけは避けたかったので、PowerPointのプレゼンテーション、発表者ツールを活用して「絶対に外してはいけない要点」のみをメモしていました。

その為にモニターを使いました。MacBook Proには発表者ツールのメモが見える状態にしておき(上記写真は発表者ツールを見えない形で撮影)モニターには資料を投影する。モニターは発表者ツールを使う為だけに用意したので、イベント中1度も見ておりません。

右下に置いたiPhoneはイベント中に実際に流れている映像を投影しており、現状確認の為に使いました。石井の目線が何度か左右に逸れたり、右下に逸れたのはそういった理由からだでした。

もちろん、発表者ツールを使うだけでなくリハーサルも休日返上で行いました。これでもか!というぐらい行って、zoomマイページにはリハーサルの録画動画が山のように溜まっていました。

1つ確実に言えるのは、どれだけ良い内容だったとしても、オンラインミーティングにおいては進行・伝え方が全てといってよい程、完成度を左右します。

それは過去の経験からわかっていたので、目的最優先で動く為にも、早々に全てを頭に叩き込んでのぞむ事は頭から外して、当日いかにスムーズに勧められて漏れなく伝えられるか?を考え準備を進めていきました。

 

工夫点

今回のイベントはいくつか工夫をした点があります。

  1. 目指した形は「家庭教師」ウェビナーではなくオンラインミーティング
  2. MacBook備え付けの正面FaceTime HDカメラではなく、斜め左からWebカメラで撮影
  3. ファミレスで話すような距離感で、それっぽい話ではなく生々しい話をする

1点目の「目指した形は「家庭教師」ウェビナーではなくzoomミーティング」です。

テーマを最も伝えるにはどうしたら良いか?を考えた結果、家庭教師に近づける事を意識しました。一方的に情報を発信するのではなくて、参加者の方と情報交換しながら共に勉強(=学び)を進めていく。なので身内にしか分からない情報を扱う事は避けつつも、ネットに溢れている情報に実体験を足して話しました。

オンラインで授業をしている動画をいくつか見て、表情の使い分けや声のトーンや間などを研究しました。あとはイベント数日前に代表にプレゼンを見てもらい、数多くのフィードバックを受けた事ぐらいでしょうか?(笑)

兎にも角にも参加者を置いていかない、伝える事を意識していました。ただ反省点としては情報を詰め込みすぎた部分もあるので、次回以降はバランスを取りつつ行います。

2点目の「MacBook備え付けの正面FaceTime HDカメラではなく、斜め左からWebカメラで撮影」です。

真剣な表情をした時の写りを確認したり……

カメラ目線をした時の写りを確認したり……

資料にワイプが邪魔にならないか?確認したり……

1点目の「家庭教師」に近づける為に、正面からカメラ撮影をするのではなく斜め横から自分の顔を撮影しました。これは「あたかも横で一緒になって勉強しているような雰囲気」を出す為に行いました。正面から自分の表情を抜くと、どうしても一方的に話されるような感覚になってしまう+ずっとカメラ目線をされるとワイプが気になって内容が入ってこないのではないか?といった考えから斜め横から撮影しました。登壇者としても、常に自分の顔をずっと正面から見る気疲れ(笑)がなくなって良いのではないでしょうか。オススメです。

また背景もアンケートのQRコードを常に表示しておき、真っ白の背景にしました。これでアンケートの回答率は上がりましたし、背景に不要な情報はいりません。

QRコードはイベントアンケート。右の余白に自分が写ります。あとは何も情報を出さない

3点目の「ファミレスで話すような距離感で、それっぽい話ではなく生々しい話をする」です。

これは最後の代表×人事のセッションで意識した事です。会社のトップである社長と、近しい距離感で話すのがリアルに写って感情移入しやすいのではないか?と考えました。

知っている人も少ないと思いますが、昔テレビで放送されていた「松紳(Wikipedia参照)」をイメージしました。お笑い芸人のダウンタウン松本さんと元お笑い芸人の島田紳介さんのトーク番組です。勿論話術のレベルは達観した事も理由にあるのですが、リラックスした雰囲気でベテラン芸人と中堅芸人が話す内容に興味を惹かれるのです。

普段話しているような距離感で話す

数多くの質問ありがとうございました!

久しぶりに腹割って話したので、緊張も忘れて楽しんでいました(笑)

ただし盛り上がりには注意です。実際頂いた質問に1つ1つ真剣に返していたので若干時間がオーバーしていました。この点も次回以降、注意します。

最後にアンケート結果・キャリア面談のご感想をお見せして、纏めに入りたいと思います!

 

イベント後アンケート

質問①人事石井による 「ジョブホッパーの人事が考える、転職を博打にしない為にどうするか 」はいかがでしたか?

  • 具体的な体験談を語ってくださったことがとても良かったです
  • 未経験であるWebディレクターへの転職を考えていたので、ボータブルスキルについて自己分析をして棚卸しをする事をこれからしていきたいと思えた為
  • 石井さんて初登壇ですか…内容、話し方ともにクオリティ高くて震えました。ポータブルスキルの話は共感しかなかったです。またお話聞きたいです。
  • 自分が質問しなくても聞きたいことが全て聞けたので、大変満足しております。人事を担当される方は伝えることに長けているなと感心もしました。未経験での立ち振る舞いや年代によって求められる人物像をしっかり話していただき、意味のある説明会に参加させていただいたこと、非常に感謝しております。
  • 未経験を未経験と捉えたまま応募しない気概を示さなければと身が引き締まる思いでした。
  • 転職の方向性を見出だすための方法と、そこに対し人事側から求める目線や役割が非常にわかりやすく、かつ実践的な内容であったため。
  • 特に自己分析のパートが勉強になりました。自己分析で「嫌なこと・苦痛を書き出す」というネガティブな要素から自分や仕事を考えたことがなかったので、新しい視点で面白かったです。 
  • ポータブルスキルのマッチングができる会社を選ぶことで、経験がなくてもアピールできる材料になるということがわかりました。参考になる本教えていただいたので早速ゲットしようと思います!
  • エージェントでも教えてくれる内容ではなかったので、すごくために為になりました。

質問②「Web/ITベンチャー代表と人事によるキャリア相談会」はいかがでしたか?

  • 今回、私の質問を取り上げていただけて、熱量の高い回答をいただけて大変ありがたかったです。それと同時に自分の考えの浅さを自覚しました。真剣に人生と向き合っていこうと強く感じました。今すぐに御社に応募できる能力はないので、キャリア相談もディレクター職にも応募はしませんが、御社は憧れの会社になりました。素敵な時間をありがとうございました!!まずは自分自身をしっかりと見つめ直します。
  • トーク形式なのもあり、わかりやすかった!前半よりも濃く感じた。
  • 採用サイトでこういった趣旨のインタビュー形式記事を見かけますが、今回のような生での対談は転職を考えている人にはすごく刺さるコンテンツだなと思いました。本気で採用したい企業は、転職サイトにお金払って記事載せるよりもウェビナー開催した方がいいと思います(言い過ぎかもですが)
  • お二方の仕事への情熱と、名村さんが最初におっしゃっていた「ライフワークインテグレーション」の意味をこちらが理解できるよう経験を踏まえて丁寧に説明していただけたこと、満足です。無料で開催していただき、ありがとうございます。
  • お二人とも楽しんで働いていることよくわかりました。質問一つ一つ、どれも本音でしっかり語ってくださり、参考になる回答ばかりでした。
  • 事前にメールにて募集された質問を取り上げて頂き有難う御座いました。 名村さんの回答にもありましたが「未経験で高齢(40代)でもやる気がしっかりあって給与等の条件面で折り合うのであれば採用を検討する企業はいる」というお話も聞けたので、積極的にチャレンジしていきたく存じます。

 

キャリア面談後 ご感想

ご感想①

  • 外から新しい刺激を受けることに傾倒して、自己分析が蔑ろになっていたのかと気付かせていただきました。自分のことがあまり好きでなかったこともあり、「やりたいことを見つけるためにまずやってみる・聞いてみる」という楽で楽しい方向に目がいき、自分を見ることを避けてきたのだろうと思います。
  • せっかく仕事がある状態なので、しっかり時間とエネルギーを割いて、今度こそ徹底的に自己分析をしていこうと思います!その中でまた頼らせていただくことがあれば、その時はどうぞよろしくお願いします。

ご感想②

  • お話を伺う中で、自分の業界に対する認識の甘さを認識しました。かつ、ご丁寧に私の話を聞いて頂きこれからの指針となるお話をして頂きましてありがとうございます。今後は、自分のポートフォリオが完成した際に改めてご連絡させて頂きます。そのときはどうぞよろしくお願いいたします。改めまして、お忙しい中ありがとうございました。

ご感想③

  • 本日はオンラインキャリア面談に参加させて頂き、誠に有難う御座いました。転職活動において個人的に採るべき戦略をご提案頂き、今後の転職活動への大きなヒントを得られました。
  • 仕事や生き方に対する厚い想いを、具体的に思考に落とし込んで行動し、結果に繋げてきた石井様のお人柄に触れることで得られるものも沢山ありました。これから始められる石井様のセミナーも非常にたのしみにしています。今後とも引き続き宜しくお願い申し上げます。

ご感想④

  • 今日はお話させていただいて本当に本当に良かったです。ありがとうございました。週末の連休は改めて自身の棚卸しをしようと思います…!

 

最後に

改めて今回のイベントに参加して頂いた皆様、誠にありがとうございました。イベント後「面接が進んだ!」とツイートしている方もいて、開催してよかったなと感じております。

正直な話、今回のイベントは採用に繋げるといった自身の成果の為にやるよりも「次になにをすべきか悩んでいる方々に、実体験を持って具体的なアドバイスをしたい」という思いがなによりも強かったです。

2008年に起きたリーマンショックで石井の人生は変わってしまいました。
そしてコロナ禍は「リーマンショックが影響で起きた災難」に似ているような気がしてなりません。

起きた事を恨んでも仕方ありませんが、あの時こうしていれば、あの時教えてくれる人がいれば、もっといい道を選んでいたらと考えない日はないです。それは今でも。恐らくこれからも。

そういった思いがあり、今回のイベントのタイトルの一部を「博打にしない転職選び」と付けました。今回のイベントに参加した事で、全てが変わるとは思っていませんが、変える為のキッカケにはして欲しいなと願っております。

そして理想論だと言われても、自分の信じた事に正面から挑戦して頂きたいなと思います!

まだ未定ですが、どこかのタイミングで再演出来ればなと考えております。代表と話すだけではなく、社員をゲストに呼んで話すのもありだと思うので、楽しみにしていてください。

サービシンクでは中途採用を積極的に行っております!
ご興味がある方はこちらからご応募ください!


ITベンチャー企業の社内初人事専任石井の人事ブログ

人事未経験で20名規模の会社へと飛び込み、奮闘している様子をそのままお届けしています。ネットには載っていない「リアルなサービシンク」を書き起こしています。

サービシンクの人事 石井のブログ一覧はこちらから


石井 真司 管理部 人事課
石井のTwitterアカウントはこちらから
社外での就活セミナー講師や人材系営業を経て、社内唯一の人事担当に着任。採用だけでなく、組織の発展に繋がるよう制度作り・環境作りに邁進しています。

Webサイト・システムの
お悩みがある方は
お気軽にご相談ください

無料相談・サイト診断

出張またはWeb会議にて
貴社サイトの改善すべき点のご提案や
ご相談事項に回答いたします。

会社案内ダウンロード

サービシンクの強みや実績を
まとめた会社案内を
ダウンロードいただけます。

ページTOP