不動産業界特化型制作会社サービシンク
> サービシンクで働くママに質問してみた!【後編】

サービシンクで働くママに質問してみた!【後編】

2018/09/18 総務ブログ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは!総務の齋藤です。
今回の総務ブログは、前編が大好評だった女性座談会の続きをお届けします!
テーマは引き続き、「働くママとして知りたいこと」
結婚、妊娠、出産を考えている女性にとっては、ママとして働くために知りたいことはたくさん。

前編(サービシンクで働くママに質問してみた!)」は、家庭での家事分担や保活、産休・育休中のママたちの心情についてお話しましたが、後編はサービシンク独自のママ向けの制度や、働く環境をメインにお話します!
まずは座談会メンバーのご紹介です!

メンバー紹介

サービシンクで働くママに質問してみた!タイトル画像

目次

 

齋藤さんはなぜ時短勤務じゃなくてフルタイムで働いているの?

曽根
齋藤さんは3歳まで取得できる時短勤務を途中で辞められましたよね。
どうしてですか?

齋藤
実はもともと復帰当初の話では「復帰後3ヶ月間は時短勤務」でお願いしていたんだ。
でも家庭と仕事とのバランスを見つつ、途中で2歳まで延長をしたいって申し出たの 

曽根
もともと3歳まで取るつもりがなかったってことですね

齋藤
時短勤務って2時間早く退勤するから、月換算で40時間も仕事ができなくなるんだよ。そうするとできる仕事量が全然違う。
毎日のルーティンワークをこなすだけで精一杯で、新しいことを考える時間とかがまったくなくなっちゃったんだ 

酒井
40時間の違いは大きいですね……

曽根
たとえばの話なんですけど、齋藤さんが時短を3歳まで続けられるようにするために他の人を雇うという選択肢はなかったんですか?

齋藤
当時は私の他にもう1人総務の正社員がいたから、うちくらいの会社規模で総務3人はさすがにないかなぁ。
私が対応できない仕事はその子に降ろしていたし、私の時短勤務も一時的なものだったしね。
私が時短勤務を続けるために他の誰かを雇ったとしても、今度はその人に業務の引き継ぎをしなきゃいけない。
総務業務は悲しいことに属人化している部分が多いから、その引き継ぎに今度は時間がかかってしまって結局2人だけで仕事を進めた方が早かったりする

酒井
引き継ぎって結構時間がかかりますもんね

齋藤
だからいつ誰が欠けたとしても仕事が進められるように、業務の標準化っていうのはすごく意識するようになった。
1人いないだけで、請求書が発行できないとか、入退社手続きができないとか、そういう事態は避けないとね 

子供を産んだとき、産休・育休中の自分のポジションはどうなるの?


曽根
私は会社に1人しかいない秘書なので、もし私がお休みをいただいたときに、自分がいたポジションがどうなるのかがすごく気になります 

酒井
たしかに育休から戻ってきたときに、違う人が自分のポジションにいたらどうしようって思いますよね

齋藤
人の異動や増員は会社の人員計画や経営計画にも関わってくるんだけど、まずは「本人が今後どういう働き方をしたいか」が一番大事。
曽根さんが復帰後も同じように秘書で働きたいのであれば、お休みしている間だけ派遣社員や契約社員に入ってもらうとか、色々方法はあるよね 

曽根
復帰しても秘書としての居場所がなくて、でも他の仕事はなにもできないです……みたいな事態は避けたくて

S子
産休前に自分の今後の働き方を会社に相談しておくとよいかもね。
1年って意外とあっという間だから

齋藤
曽根さんがやっている仕事を、今いる人たちに少しずつ振り分けるっていうパターンもあるし。
いずれにせよまずは本人の希望が第一で、その後は会社の業務状況とのバランスを見て決めることになると思うよ!

曽根
 わかりました!

働きで両親の手を借りずに1〜2歳差で2人子供がほしいけど、フルタイムで働きたい!実現させるための条件ってなに?


齋藤
すっごく具体的な質問(笑)

酒井
30〜31歳くらいで子供を産みたいなぁと思っているんです。
きょうだいで1〜2歳差が理想なんですが実際どうなんでしょう?

S子
仕事をしていると第二子以降の出産のタイミングって特に難しいよね。
年子だと産休育休をいっぺんにとれるけど復帰までの期間が長くなっちゃうからブランクが長くなるのをどうとるかだよね。
2歳違いは妊娠出産のときに上の子がイヤイヤ期だったりして子育てが大変って聞くかなぁ

齋藤
3歳差だと育休から復帰してしばらく働いてからまた産休・育休に入るから余裕があって仕事の面では良さそうな気がするけど……。
将来的に入学・卒業のタイミングが一緒になっちゃうから金銭的に大変かも

S子
もっと年の差が離れると上の子が下の子の面倒を見てくれたりして子育てしやすそうだけど、育児期間が長くなるから、長期的な体力、経済力が必要になるのかな。
何歳差でもメリットデメリットがあるから、出産に最適な時期って家庭によってそれぞれだよね

酒井
子育てについて家庭で話し合うことが大事、ってことですね

齋藤
そうだね!
あとは「小1の壁」って聞いたことあるかな?
保育園は延長保育が充実しているから働くママに優しいんだけど、小学校に入学すると学童保育も延長はあまりないし、時短勤務を小学校入学までにしている会社もあるんだけど、1年生は学校が終わる時間も早いんだよね。
かと言って小1の子供を1人でお留守番させるわけにもいかないから、仕事を諦めるママが多いの。それが「小1の壁」 

酒井
たしかに小学校1年生の子供を1人にはさせられないですね……

齋藤
共働きでフルタイムで働きたいのであれば、今からでも子育てに関する行政サービスは調べておいた方がいいよ。
ちなみに横浜市には「浜っこふれあいスクール」というものがあって、通い慣れてる小学校施設を利用して小1〜小6を18時まで預かってくれるみたい。
しかも年額500円なんだって!

曽根
えー!すごく安い!

酒井
しかも学校でやってくれるっていうのがいいですね!

S子
同じように手厚いサービスをしてくれている自治体もあるかもしれないから、今のうちから出産後の住む場所を調べておくといいと思うよ。
あと会社からはなるべく近い方がいいよね

曽根
やっぱり遠いと大変ですか? 

S子
大変。今だと15時半に退勤して、子供を迎えに行くのが大体17時過ぎになっちゃってて。近い方がすぐ子供を迎えに行けるし、フルタイム復帰を考えているのであれば近い方がいいと思う。でも待機児童の関係もあるし……住む場所は本当に大事!

齋藤
あとは「ファミリーサポート」と「病児保育」は登録必須だね。何かあったときに行政を頼るという選択肢が持てるから。
共働きで両親も頼らないのであれば、できる限りパートナーに協力してもらうのはもちろん、それも無理な場合は行政を頼るしかないと思うな

酒井
がんばって調べます!

他の会社にない制度やメリットを教えて!


齋藤
独自の制度だと「リフレッシュ休暇」かな。3歳未満の子供をもつ従業員は、月に1回2時間までリフレッシュ休暇が取れるよ

酒井
はじめて知りました!

齋藤
リフレッシュ休暇は、私が育休から復帰した頃に名村さん(代表取締役)から「子育て中って自分の時間ないと思うんだけど、月に2時間だけでもリフレッシュできる時間があったら癒やされる?」って聞かれて。
「2時間あればカフェでお茶もできるし、ショッピングもヘアカットも行けるしめちゃくちゃ癒やされます」って言ったら、「よしじゃあリフレッシュ休暇を取り入れよう」ってことになった(笑)

曽根
そういう休暇とか会社で決められるんですね!

齋藤
うん、決められるよ!福利厚生としての休暇制度だから、アニバーサリー休暇とかを取り入れてる会社もあるしね 

S子
あとは子の看護休暇や、1時間単位で取れる有休もありがたいよね

齋藤
子の看護休暇は無給にはなっちゃうけど、人事評価には響かないんだよね。私は幼稚園の行事関係で有休を使っちゃうから、子供の体調不良には子の看護休暇を使うことが多いかな。有休はあんまり減らしたくないし 
曽根
サービシンクってすっごく有休が取りやすいですよね!

S子
いいところだよね!

サービシンクでは、働くママ向けにリモートワークについて検討しているの?

齋藤
実はS子ちゃんが復帰するときに、リモートワークを制度として取り入れるかっていう話が出たんだよね。
でも制度としてやっていくとなると、ある程度公平性を保つ必要があると思ってて。
制度の利用条件や管理方法、評価の仕方を考えておかないと、他の人たちから「どうしてママだけは特別扱いなの?」という不満が出てきちゃうんじゃないかなって……

酒井
前職のときに、デザイナーの方がトライアルでリモートワークをしてみたことがあるんです。
1週間のうち2回出社して、それ以外は勤務開始と終了の報告を社内チャットツールで報告するっていう形を取ってました。
仕事の管理自体は所属部署のリーダーがやっていたんですけど、温度感のキャッチアップが難しそうでした

S子
あとは職域によってリモートワークしやすい、しにくいはあると思う。デザイナーやマークアップエンジニアは普段から業務をタスク化しているから「いつまでに何を終わらせるか」がわかりやすいし、進み具合の報告もしやすいよね

曽根
たしかにリモートワークで秘書ってなかなかいない気がします(笑)

齋藤
今は働き方改革でそういった場所にとらわれない働き方も注目されているから、サービシンクらしいリモートワーク制度を考えないとね!

サービシンクの制度や環境で、働くママの目から見て足りていないと思う部分ってなに?


S子
うーん、特にないかなぁ。
世間では「マタハラ」という話題を聞くことがあるけどそういう嫌な思いをしたこともないし。働きやすい環境だと思う

齋藤
サービシンクに「マタハラ」って単語がないよね、そもそも。
「妊娠したんだから、仕事やめて家庭に入りなよ」って言ってくる人もいないし。
過去、妊娠・出産したのがサービシンクだと私たち二人だけなんだけど、二人共手厚くサポートしてもらったもんね

S子
うん、本当に!

齋藤
私はさっき話にも出たけど「リモートワーク」とか……あとは「時短勤務の年齢引き上げ」かな。
サービシンクは法律基準で時短勤務を「3歳未満の子供を養育している男女の従業員が利用できる」ことにしているんだけど、会社側が定めれば3歳以上でも時短勤務を利用できるようにすることはできるんだよね

酒井
そうなんですね!

齋藤
あとは保育園、幼稚園の送り迎えでフレックス勤務シフト勤務を希望する人もいるだろうし。
ママだけではなくて、働いている人が色々な働き方を選択できるような制度があればいいよね。
でも制度は使う人があってこそなので、本当に必要な制度なのかも見極める必要はあるかな 

曽根
制度を作るって難しいですね……

齋藤
うん、難しい。でもそういう「働き方」を考えなければならない社会になってきているな、と思うよ。
あとは就業規則ってみんなに配布されていると思うけど、実際に読むことって入社直後以外ほとんどない気がしていて。
新しい制度を作ることも大事だけど、今ある制度を知ることも大事。
まずは就業規則を読んで、会社の制度を知ることからはじめるといいかも!

酒井
わかりました!

女性座談会を終えて

サービシンク女性座談会、いかがでしたか?

私は3歳の子を育てながらフルタイムで働いていますが、妊娠・出産当初は今のような働き方ができるとは思っていませんでした。
子が3月生まれなので保育園の入園は難しく(早生まれは0歳児4月入園ができないため)、仕事を辞めて夫の地元に移住することも考えました……。
今こうして仕事を続けていられるのも、サポートしてくれている家族はもとより、会社の理解・環境があってのことだと思っています。

「会社」という場所は、多種多様な人間がそれぞれの与えられた義務を果たすことで社会貢献をし、対価として利益を得る場所です。
社員が与えられた義務を果たすために、家庭環境や働き方が足かせとなってしまうのであれば、その足かせをなくすことでより仕事に集中できる環境を作る。
それが「働く環境を整える」ことではないでしょうか。

また会社が社員のことを考えるのと同じように、社員も会社のことを同じように考えられたなら、強い組織が築けていけると思っています!


サービシンクでは社内イベントの企画・立案をはじめ、会社の仕組みや環境作りを一緒に行ってくれる方を募集しています。ご興味のある方はぜひ採用情報からご応募ください!


齋藤 祐子 総務・管理・サポートディビジョン マネージャー

元声優・元ブライダルプランナーの経歴をもつ一風変わった総務。フルタイムで働くワーキングマザーです。
現在は会社のバックオフィス体制強化に尽力中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
※2020年度新卒採用は募集を締め切りました。

ページTOP