不動産業界特化型制作会社サービシンク
> 家族参加型イベント「貸切屋形船でGO!」を開催!今注目されている「ファミリーデー」とは?

家族参加型イベント「貸切屋形船でGO!」を開催!今注目されている「ファミリーデー」とは?

2018/11/20 総務ブログ


こんにちは、総務の齋藤です。
サービシンクでは毎年、社員とその家族が任意で参加できる「家族参加型イベント」を開催しています。
昨年は新宿駅近くでバーベキューを実施しましたが、今年は屋形船を貸し切り、東京湾をぐるりと周遊してきました!
今回はこの家族参加型イベント「貸切屋形船でGO!」(齋藤のネーミングセンスのなさには定評があります)の様子をお伝えしたいと思います!

屋形船を就航させて30年の船清さんを予約!

そもそも家族参加型イベント(ファミリーデー)の目的ってなに?

近年では、ベンチャー企業などで「ファミリーデー」を実施する動きが広がっています。
また今は終了してしまいましたが、東京都では従業員300人以下の中小企業等を対象とし、ワークライフバランスの推進を図るため、「ファミリーデーなど従業員の家族等との懇親」について補助金を負担する施策が行われていました。
最近はワークライフバランスや働き方改革が声高に叫ばれていますので、「ファミリーデー」を開催する企業はますます増えてくるのではないでしょうか。

またファミリーデーの目的は、

  1. 社員の家族に職場や仕事に対する理解を深めてもらう
  2. 社員家族との交流を深める

大きく上記2つに分けられます。
1を目的とした場合は、実際に職場へ家族を招待して、子供と名刺交換をしたり、仕事の体験をしてもらうことが多いです。
今回サービシンクでは、2を主な目的としたため、参加者全員がのんびりと過ごすことができるよう、以下のような条件を設定しました。

  • 準備や後片付けに時間がかからない
  • ご飯を食べながらゆっくりと話すことができる
  • 子供連れでも他のお客さんに気を使わない
  • 特別感(普段行かないような場所に行く)

準備や後片付けに時間がかかると、せっかく参加してくれた社員の負担にもなりますし、その分ゆっくりと話す時間がなくなります。
また他のお客さんがいるような場所だと、子供の泣き声を気にしてしまってご家族がかえって気を使ってしまうこともありますよね。
そしてご家族を招待するイベントであれば、普段の会社飲み会では行かないような場所で、「プチ旅行」気分を味わってもらうのも面白いです!

今回は条件にあてはまる「貸切屋形船」をチョイスしてみました。
観光以外ではなかなか屋形船に乗ることはありませんし、屋形船の中は掘りごたつ式になっていてゆっくりと寛ぐことができます。
屋形船で天ぷらを食べながらお昼からお酒を飲む……控えめに言って最高ですね!!

事前調整をしていてもトラブルはつきもの

家族参加型イベントを開催するときに確認が必要なものは、「開催日時」「参加家族の人数・年齢」です。
なるべく多くの家族が集まれる日程にするため、今回はスケジュール調整ツールを利用して開催日時と参加者人数の確認をしました。
また参加家族の年齢に応じて、予約する料理・金額も変わってきますので、こちらも忘れずに確認する必要があります。

昨年度の家族参加型イベントでは、日程調整をしたにも関わらず「参加家族が齋藤家のみ」という状態でしたので、今年はより多くの家族に参加していただきたいという願いがありました。
しかしながら直前でまたしてもトラブルが発生。
なんと事前調整していたにも関わらず、幼稚園行事と重なってしまったため齋藤家が不参加に!

屋形船でなければ途中合流も可能でしたが、それも叶わず泣く泣く貸切屋形船への乗船を諦めることに……。しかし齋藤は、家族参加型イベントへの参加をどうしても諦めることが出来ませんでした。

(昨年開催したバーベキューの様子。家族参加は残念ながら齋藤家のみ……)

当日は晴天にも恵まれ、最高のレジャー日和!

開催日当日は抜けるような青空。
昨年よりも多くのご家族にもご参加いただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
屋形船の内装は掘りごたつ席になっていて、実にゆったりとした時間を過ごすことができました。
ガイドの方が周遊コースの説明をしてくださったおかげで、東京湾から見えるお台場やレインボーブリッジ、スカイツリーなどを堪能!

どうしても参加したかった齋藤は、ビデオ通話で参加しました。
あいにく船と風の音が大きくて私の声は届き辛かったようですが、社員の楽しげな様子を見ることができて本当によかったです。
来年の家族参加型イベントでは、齋藤家も参加できるよう調整します!

(諦めの悪い齋藤はビデオ通話で参加!)

普段見ることのできない社員の一面を発見!

話題の中心はなんといっても参加してくれた子供たち。
普段の業務時間では見ることのできない「子供好き」な一面をもつ社員もいたり、屋形船のデッキの上ではしゃぐ社員もいました。
積極的に子供と遊んでいる社員の姿を見ると、微笑ましい気持ちになりますね。

(可愛い赤ちゃんをみて、思わず目尻が下がる社員も)

相手を知ることの大切さ

こうやって会社のメンバーが一同に集まり、その家族と触れ合うことができるイベントは、同じ職場の「人」を知る上でとても大事な時間です。

普段どんな同僚と過ごしているのか、上司はどんな人なのか、どんな会社の雰囲気なのか。
家族の口から聞いてはいても、実際に目で見て話してみた方がより「人」を知ることができますよね。

また社員やその家族に、直接「ありがとう」を伝えることができるのも、家族参加型イベントの大事なポイントとなります。

家族を尊重し家族からも尊重される、「働きやすい・働きたい会社」であるよう、サービシンクはこれからも邁進していきます!


サービシンクでは「サービスを考えぬきたい」社員を募集しています。
ご興味のある方はぜひ採用情報からご応募ください!


齋藤 祐子 総務・管理・サポートディビジョン マネージャー

元声優・元ブライダルプランナーの経歴をもつ一風変わった総務。フルタイムで働くワーキングマザーです。
現在は会社のバックオフィス体制強化に尽力中。

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
2020年卒エンジニア採用につきましては、こちらのサイトからご応募ください。

ページTOP