不動産業界特化型制作会社サービシンク
> 19年下期総会にて「良いチームを作るためにどうすれば良いか?」全社員で考えてみました!

19年下期総会にて「良いチームを作るためにどうすれば良いか?」全社員で考えてみました!

2019/07/30 採用情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!サービシンク人事の石井です。先日サービシンク下期総会が開催されました。半期に一度実施される総会では、上期の活動報告に加え、全社員でワークショップを行っております。ワークショップの内容は、全社員が集まる場で普段中々交流を持つ事がない社員と『ひとつのテーマについて共に考えよう』といったものです。

今回のテーマは過去にも実施した事のある『良いチームを作る為にはどうすれば良いか?』にしました。3名〜4名のチーム、かつ職種・役職がバラバラになるように作り、話し合ってもらったのですが、サービシンクで働く社員がどういった事を考えているか?がよくわかる結果が出ました。

そこで今回の人事ブログは、ワークショップではどういった内容を行い、サービシンク社員は何を考えているか?を回答を元に報告します。ブログを読んで『サービシンクの人達はこういった事を考えているんだ』と、感じて貰えたら嬉しいです。

1.アプリシエイティブ・インクワイアリーとは?

まずは内容について説明します。アプリシエイティブ・インクワイアリーとは、米国で開発された人材開発や組織活性化のアプローチの1つです。

従来の組織開発は「欠陥や弱み」に注目し、それを解決する「問題解決型アプローチ」が主となっています。しかしこのアプローチは、組織における強みや真価・成功要因に注目することで、単なる改善にとどまらず、組織全体がコミットする多くの可能性を包含した戦略・計画を生み出すことができます。

理想とする個人・組織とは何かを考え想像するところからはじまり、そこに到達するために自分はどうすれば良いのかという日々のタスクに落とし込めるワークショップとなっています。

このワークショップを行う目的は、

  • 従業員の関係性と、コミュニケーションの向上
  • 人間力豊かなリーダーの育成
  • 自ら考え実行する主体的な従業員の育成
  • 個人や自社の強みを認識、共有出来る

の4つとなります。

2.今回のテーマにした理由

以前から人事ブログでも書いている通り、サービシンクでは新卒採用・中途採用共に積極的に行っており、毎年5名以上の社員が入社してきます。新卒社員は毎年4月に入社してくるのですが、中途社員は時期バラバラに入社してくる為、同期がいない社員も多く業務上の関わりがないと話す機会も少なく、関係性が希薄になってしまいます。

そこで普段から月イチ飲み会や、ランチ会などを行っているのですが、総会ワークショップでもそういった機会が作れればと考え、自分はどう動けば良いチームを作れるか?周囲とどういったコミュニケーションを取っていくべきか?など事業部・職種を超えて考えて貰いました。

3.ワークショップの構成

ワークショップの構成ですが、まず3名~4名で1つのチームとなり、全てで5つの質問項目を話し纏めていくのですが、進行役・時間管理・書紀・発表者などを先ず決めなければいけません。石井はチームに参加しながらも、ワークショップ全体の進行も担っていたので、普段あまり関わる事がない社員同士がチーム内でどういったコミュニケーションを取るのか?俯瞰して見ていたのですが、誰が何をやるか?どうすればAさんとBさんの意見を纏められるか?相手が何を言っているのか?を汲み取ろうとする姿勢などは、アプリシエイティブ・インクワイアリーを行う事で培っていけるのかもしれません。

4.チームから出てきた回答

以前も同じテーマで行った事があるのですが、当時とはメンバーが違うので、回答が違うのは当然なのですが全体を通して『自分事に捉えた回答』が増えていると感じました。代表も総務マネージャーも同意見でした。先ずは自分で動いて、自分の周囲から変えていき、チームを変えて、事業部を変えて、会社を変えていく。そういった姿勢が見て取れました。
毎月実施している月初会で発信している内容が浸透していると感じ、嬉しくもありました。

では回答の一部を紹介します!

質問①人々が互いに助け合う事ができる職場をつくるにはどうすれば良いと思いますか?

  • 仕事上でのコミュニケーションがスムーズに進む事で、作業効率は上がるので仕事以外の繋がりを積極的に作る事が必須。キャンプでも音楽でも何でも良い。業務だけでない部分で話をする
  • アイデアの共有、余力のある体制つくり(ヘルプ要員部署の設立)、業務状況の把握をし合う。またお互いの進捗を確認し合い、成長した事に喜び合える職場にする

質問②今までの経験で、最も生き生きとしてお互いが助け合った経験はありますか?そんな組織をどこか知っていますか?

  • 職種が違えど、明確なゴール設定・ビジョン共有が出来ている組織
  • 誰がどう見ても難易度が高く超えられないと状況(学生時代の部活動など)の中で同じ方向を向いている時
  • 直接関係性が無い人に対しても、助けたいと思える様な信頼関係がある職場

質問③そんな職場になったとしたら、どういう風に働いていますか?そんな職場と今とはどこが違いますか?

  • 自分の役割が明確になり、自分が存在する理由が分かり、自分に自信を持って働けるようになり、仕事が好きになる。そして過酷な状況でも、楽しんで臨む事が出来る
  • 役割、やるべき事は明確だが、一部だけではなく全員がそう感じられる職場を目指したい

質問④そんな職場にするためには、今何をしたら良いと思いますか?何を変えたらいいと思いますか?

  • 自分の業務以外にも我がごとに捉えて、業務の「平準化」にする為に社員一同で考える
  • 自分が出来る事があれば、大小問わず何でも手伝う。プロの声を聞いて社員全体のレベルを上げる

質問⑤そのためにあなたができる事はなんですか?社内のみんなができる事はなんですか?

  • 今回の様な話しを数ヶ月単位で終わる話にするのではなく、数ヶ月、数年単位のプロジェクトにして全社で考える機会をもっと増やすべき
  • 作業効率を上げるには限界があるので、常日頃から時間・心に余白を持って、周囲の声をキャッチアップしていきたいし、自らも発信していこうと思う
  • 成功・失敗事例を積極的に部署間にて共有する

そして最後に、石井から纏めを発表し終了しました。今回は一部を抜粋したのですが、内容を見ていく中で改善すべき点もあるなと感じたのと同時に、組織を拡大していく点において、末端のスタッフも考えてくれているのは人事として本当に頼もしい事です。今回の回答をワークショップで終わらせずに、必ず活かしていきます。

あとがき

我々はベンチャー企業で少数精鋭で作業を進めており、裁量権も大きく自由度が高い会社です。フルスロットルで年始から走り続けてきましたが、半年に一度こういった形で立ち止まって考える時間を作り、ワークショップを通して、全社員で「会社の今後について」考える機会があるのはとても良い事だなと実感しました。今後も管理部として、様々なワークショップを企画し、社員一丸となって頑張っていきます!

 


ITベンチャー企業の社内初人事専任石井の人事ブログ

人事未経験で20名規模の会社へと飛び込み、奮闘している様子をそのままお届けしています。ネットには載っていない「リアルなサービシンク」を書き起こしています。

サービシンクの人事 石井のブログ一覧はこちらから


中途社員を積極的に採用中!

2020年のビジョンへ向けて共に走ってくれる仲間を積極採用中です!
ドシドシご応募ください!

中途採用特設サイトはこちらから!


不動産業界のWebサイトのことで、お困りではありませんか?

不動産業界のWeb制作に特化し、戦略策定からサイト制作、システム開発から保守運用、さらにはA/BテストといったCRO対策までに強いWeb制作会社は多くありません。
我々は不動産ポータルから中〜大手不動産会社、地場の不動産会社までおよそ不動産業界のあらゆるサイトを手がけてきました。
不動産会社様のお困りの事象に一歩踏み込んだご提案が可能です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。


石井 真司 管理部 人事課

社外での就活セミナー講師や人材系営業を経て、社内唯一の人事担当に着任。採用だけでなく、組織の発展に繋がるよう制度作り・環境作りに邁進しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
※2020年度新卒採用は募集を締め切りました。

ページTOP