社員インタビュー Interview

02

若手中堅関係なく仕事を任せて貰える職場・自由度の高さに惹かれた

藤原 祐哉 先原 進之介

サーバーサイドエンジニア

2018年新卒入社

Q1サービシンクに入社したキッカケ

先原:
僕は大学で既にシステムに触れていた事もあり、卒業後エンジニアとして働く事は決めていました。会社選びの軸にしていたのは「自由度の高い環境」そして「裁量権」でした。
具体的には、得意としている言語で開発が出来るかどうか?でした。
サービシンクを知ったキッカケは、求人ナビサイトに掲載されていた写真です。代表が写っている写真が多く、代表や先輩とも距離が近く仕事ができそうだなと。また裁量権も重要な軸だったので、若手のうちから開発にがっつりと入っていけるかどうか?も重視しており、会社説明会のエンジニアマネージャーとの話で「ここであれば自分のやりたい事を実現できる」と感じたのを覚えています。
藤原:
僕も先原と似ている部分があって、就職活動を始める時にエンジニアとして活動していく事は決めていました。サービシンクを知ったキッカケは求人ナビサイトです。検索軸は「Web」に絞り、1社づつ見ていきました。具体的には、コーポレートサイトを見て自分の好みのデザインがどうか?もっというと「無駄がないデザイン」です。サービシンクのサイトには近いものがあり、興味を持ち始めました。大企業の中で1人の歯車になりたくなかった事もあり、少数精鋭で上長との距離が近い事も望んでいたので、ベンチャー企業を希望していましたね。また考える事が好きだった自分に対して「考えぬく事を会社の強みにしている」と説明があった時には、この会社で働こうと決めていました。

Q2現在の仕事と今後の目標

藤原:
主にテスト作業、コントロールパネル機能追加、提案書の作成などを行っています。
入社して4ヶ月になりますが、自分が「これで良し」としていたものを上長のチェックしてもらった際に、抜け漏れが続いた事があり、基礎がいかに重要なのか改めて感じています。そこで上長との間で3ヶ月の行動計画を立てているのですが、特別なテストを実施しており3ヶ月後に100点を貰える様に努めています。また会社で技術書を定期的に購入しているので、とにかく多くの本を読む事を意識しています。インターンとしてアルバイトをしていた時とは違い、裁量権が大きい仕事がドンドン増えてきているので、1つでも多くミスなく作業をこなす事が今後の目標です。
先原:
主に案件リリース後の不具合対応、緊急対応を担当しています。
僕は藤原とは別プロジェクトで、エンジニアが少ないチームでやっているので入社当初本番環境に触れる事に緊張しました。開発の規模感もそうですが、関わるエンドユーザーの数も非常に多いので今でも緊張感を持って作業しています。ただ入社当初に比べて「動作に対してどの場所のどのようなコードが書かれているか」など理解が深まり作業スピードが高まったと感じています。
今後の目標はスピードを落とすこなく、品質の高いプログラミングが書けるエンジニアになる事です。

Q3今の仕事のやりがい

藤原:
サービシンクの特徴だと思いますが、代理店を通さないので直接お客様と話が出来る事ですね。現在も隔週で定例に行っているので、自分が開発した物が届いていると日々実感できますし、同世代でそういったエンジニアもあまりいません。直接お客様の悩みを聞く事も出来るので、本質的に必要な開発を行える事もやりがいの1つです。
先原:
僕のプロジェクトも藤原同様に代理店を通さないので、直接お客様と話が出来るのは嬉しいですね。また開発規模が大きくて、様々な技術を使っている点では就職活動時に求めていた点を満たせていると感じています。1人のエンジニアとしての成長環境が整っている事がやりがいです。
  1. 01

    サーバーサイド
    エンジニア

  2. 02

    サーバーサイド
    エンジニア

  3. 03

    Webディレクター

  4. 04

    秘書

  5. 05

    フロントエンド
    エンジニア

  6. 06

    人事

ページTOP

募集要項