不動産会社が集客できない3つの原因と6つのアイデアを紹介!

不動産会社が集客できない3つの原因とは?

なぜ今、不動産会社の集客が落ち込んでしまうのでしょうか?国土交通省の不動産価格指数の調査によると、不動産業界は2020年こそ一時的な落ち込みを見せたものの、右肩上がりで成長し続けています。

しかし、市場成長に反するかのように、不動産業界では集客の難しさが取り上げられているのが実情です。今回はITによる社会変革の今、不動産市場が抱える集客の問題と、それらを解決するための6つの集客方法について解説します。

出典:建設産業・不動産業:不動産価格指数 - 国土交通省 

 

 

不動産会社が集客に悩んでしまう4つの原因

不動産業界では、売り上げを伸ばす会社もあれば、集客に悩み、売り上げを落とす会社もあります。なぜ集客力が落ちてしまうのか、その原因について解説します。

 

不動産市場が縮小しているから

2020年の国土交通省の発表によると、国内の宅地建物取引業者数は6年連続で増加しており、 12万を超える業者が営業しています。

出典:報道発表資料:宅地建物取引業者数 6年連続で増加~令和元年度宅地建物取引業法の施行状況調査結果について~ - 国土交通省

その一方で、減少傾向にあるのが日本の人口です。総務省によると、日本の総人口は、2014年から2020年の6年間にかけて約150万人減少しています。

出典:総務省|人口推計(令和3年(2021年)10月確定値,令和4年(2022年)3月概算値)

つまり、ライバルになる企業は増え続けている一方で、来店する顧客は減っている傾向にあり、限られた顧客を新規の不動産業者を含め奪い合っていることになります。そのため、縮小しつつある不動産市場を勝ち抜いていかなければ、生き残っていけなくなるでしょう。

 

従来の集客方法が通用しなくなってきている

別居婚や2世帯住宅、3世帯住宅、シェアハウスなど多様な居住ニーズが求められるようになり、保守的であった不動産業界にも多様化した価値観に答えられるオリジナリティが求められるようになりました。

スマートフォンの登場により消費者の購買プロセスも変化し、地域に根ざしたオフライン広告を活用するユーザーは減少しているでしょう。

また、賃貸サイトのみでの集客も通用しにくくなっているのが現状です。インターネットユーザーの心理を取り込んだ会社は勝ち抜き、現状のまま変化のない会社は落ち込むというように、会社の戦略による明暗がはっきりと別れています。

そのため、今後あらゆる方面からのアプローチを試みる必要があるでしょう。

 

ターゲットが不明確だから

顧客のニーズが多様化した今、不動産会社はそれぞれの強みを生かしたオリジナリティをアピールしています。

かつては近所の不動産屋に駆け込んでいた顧客も、インターネットで自分の理想に近い店舗を探すようになりはじめたため、ただ店舗があるだけでは集客することが難しくなっているといえるでしょう。

不動産会社のターゲティングが不明確なままでは顧客の来店さえも難しい状況です。例えば、ファミリー層に向けて「ファミリー向け」と訴求するだけでなく、ターゲットに応じて、周辺の小学校やスーパー、公園などの生活に直結した情報も網羅して訴求する必要があります。

 

他社との差別化ができていないから

現代では、インターネットで簡単に不動産情報が入手できます。ユーザーは、インターネット上で競合他社との違いを比較することが可能です。

そして、ユーザーのほとんどは、インターネットで情報を収集した上で来店しています。インターネット上で十分な情報を提供することで差別化に成功している企業は、来客も増加しているでしょう。

 

不動産会社向けおすすめの集客方法6つ

不動産会社が集客に頭を悩ませる原因はさまざまです。そんな中でも集客を行い、売り上げアップにつなげるには、ユーザー心理を掴むことが大切です。ここでは、インターネット上で会社の認知度を高め、集客につなげる6つの方法を紹介します。  

 

1.ホームページ

まずは、当たり前ではありますが、自社の公式ホームページがなければ、インターネット経由での誘導は実現できません。企業の公式ホームページとは自社の顔ともいえるほどの影響をもっています。

とはいえ、ホームページはただあれば良いわけではありません。ユーザーからの評価の下がるホームページであれば、集客に結びつけることは難しいでしょう。

不動産会社様がホームページを自社でいちから作り上げるのは難しいと感じるかもしれません。また、集客効果のあるホームページに仕上げる自信がないと不安に感じる方も多いでしょう。

そこで、ホームページでのお悩みを抱えている不動産会社様は、サービシンクにお任せください。ホームページの新規作成、既存サイトのリニューアルやマーケティング施策も行うことが可能です。なぜ集客ができないのか、改善すべきところはどこなのか考え抜き、ご提案いたします。  

 

2.ポータルサイト

複数の不動産会社からまとめて希望の物件を顧客が検索できるサービスを、ポータルサイトといいます。不動産の取り扱いでは、効果の高い広告方法のひとつといえるでしょう。ただし、ポータルサイトには日本中の不動産情報が集まるため、同じ地域の中でも他社との差別化がなければ集客は難しいです。

例えば、下記の要素を含めた差別化を実施しましょう。

  • 高画質の写真を掲載している
  • 魅力のある画像や写真の掲載方法にしている   
  • 360度カメラや動画で臨場感をだしている
  • 周辺施設の情報や利便性などの住環境に関する情報が充実している など

 

3.リスティング広告

インターネットで調べ物をしているときに、興味のある広告をたびたび見ることはありませんか。これは、リスティング広告(検索連動型広告)といって、ユーザーが検索したキーワードに連動してGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に広告表示できる仕組みです。

ターゲットとなるユーザーの好みをリサーチすることで、広告を打ち出している物件のアクセスは上昇しやすくなります。ただし、同じように広告を打ち出したい業者も多く、人気のキーワードは広告費用が高額になりやすいです。

 

4.SNS

もし、費用をかけずに広告を打ち出したい場合には、Facebook、Twitter、Instagram、You TubeなどSNSの利用がおすすめです。

企業の利用であっても、一般的なユーザーと同じく無料で登録可能なSNSが多く、すぐに広告文章を打ち込むことができます。ただし、広告の効果を高めるには、フォロワー数が必要になるため、下準備に数ヶ月から数年の時間が必要となるでしょう。

ライバル企業のアカウントも数多く登録されているのが特徴です。ユーザー心理を把握して、正しく運用しなければ効果を感じることが難しいでしょう。

 

5.Googleマイビジネス

実店舗をもつ会社であれば、登録しておきたい無料ではじめられる宣伝方法です。Googleマイビジネスでは、Googleの地図アプリやGoogle検索にローカルな情報を反映させることができます。

ユーザーは地図アプリで店舗の場所を調べたり、ローカル情報の検索により、自分の居住地区に近い店舗の情報を的確に調べられたりするようになります。例えば、カフェと検索するとGoogleでは今自分のいる場所から近い店舗を表示させられます。

 

6.一括査定サイト

不動産を売却したいユーザーにとって、もっとも使い勝手の良いサービスが一括査定サイトです。ユーザーは、一括査定サイトに登録されている不動産会社の中からもっとも高く買取りができる不動産会社を調べられます  。

査定サイトからの問い合わせは、成約率が高まる傾向にあります。ただし、問い合わせから取引までに顧客との信頼関係を築けなければ、成約にはつながりません。すべての顧客に対して紳士で正直な対応が求められます。

 

まとめ

不動産会社が集客に頭を悩ませてしまう原因は、不動産市場の縮小やユーザーの購買プロセスの変化といった外的要因があります。それだけでなく、自社のターゲット層が明確になっていない、他社と差別化できていないなどの内的要因も思い通りに集客できない原因です。

そこで、従来の集客方法に加えて、リスティング広告やSNSなどインターネットを活用した集客方法を取り入れる必要があります。

今後は、他社と差別化をしながらインターネットで情報を発信し、集客をしていきましょう。

 

Web会議にも対応しております。
ご希望の場合はその旨ご記載ください。

会社名[必須]
[必須]
[必須]
メールアドレス[必須]
電話番号[任意]

Web会議にも対応しております。

《例》

  • ◯◯のサービス内容を詳しく知りたい。
  • 詳細な会社案内が欲しい。
  • https://xxxx.co.jpの問い合わせ率を改善したい。施策を提案して欲しい。
  • Webサイトのデザインをリニューアルしたい。見積もりを提出してほしい。
  • 管理システムの使い勝手が悪い。改善を相談したい。
  • ABテストを検討しているので、一度相談したい。
  • Webサイトに問題を感じているが課題が具体的になっていない。そこから相談したい。
対象サイトURL
[任意]
想定のご予算
[任意]

貴社プロジェクトにアサインする人員数の確保に影響するため、予めご予算をお知らせください。

お問い合わせフォームにおける
個人情報の取り扱いについて

1. 組織の名称又は氏名

株式会社サービシンク

2. 個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

齋藤 祐子  管理部 
メールアドレス:
privacy_info@servithink.co.jp

3. 個人情報の利用目的

  • 各種お問い合わせ対応のため
  • 弊社サービスのご案内の為

4. 個人情報の取り扱い業務の委託

個人情報の取扱業務の全部または一部を外部に業務委託する場合があります。その際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理させます。

5. 個人情報の開示等の請求

お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。 その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。 なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。
株式会社サービシンク
 個人情報問合せ窓口
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-3
太田紙興新宿ビル6F
メールアドレス:privacy_info@servithink.co.jp

6. 個人情報を提供されることの任意性について

お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。
[必須]

Webサイト・システムの
お悩みがある方は
お気軽にご相談ください

お問い合わせ 03-6380-6022(平日09:30~18:30)

出張またはWeb会議にて、貴社Webサイトの改善すべき点や
ご相談事項に無料で回答いたします。

無料相談・サイト診断 を詳しく見る

多くのお客様が気になる情報をまとめました、
こちらもご覧ください。