TOPサービス > RFP作成コンサル

RFP作成コンサルRFP CONSULTING.

RFP(Request For Proposal)は提案依頼書と和訳され、発注先のWeb制作会社・開発会社に具体的な提案を依頼するための資料を指します。
Web制作のプロの視点から、発注先に伝えておくべき情報や提案のタイミングで確認しておくべきポイントのご相談を承ります。

Web制作会社だからこそ、
発注先から良い提案を引き出すための情報や要件設定が分かります。

RFP(提案依頼書)は、良い提案をもらうために重要な情報を正確に説明するための手段です。

もちろん口頭で依頼を伝えることもできますが、伝達内容が会社ごとにブレてしまったり、抜け漏れが発生したり、優先度の受け取り方に相違が発生するなどして、再度説明が必要になることもあるためプロジェクトの規模に関わらず用意しておくべきと言えるでしょう。

RFPには決まった形式はありません。
しかし、提案の質、さらにはプロジェクトの質を左右する情報になるため、内容は熟考する必要があります。

そこで、RFPの作成をWeb制作のプロにご依頼いただくことで、
発注先に伝えておくべき情報や、提案のタイミングで確認しておくべきポイントを客観的、かつ鋭角的にお伝えすることが可能です。

 

 

こんなお悩みを解決します

 

 

サービス内容

お客様が抱えられている課題やご要望をもとに、Web制作のプロ目線でもWebサイトやシステムの課題やあるべき姿を整理し、RFP資料に落とし込むまでをご支援します。
RFP策定後の発注先選定やプロジェクトマネジメントもご支援が可能です。

 

RFPの項目例

 

ご費用例

サービシンクの制作・開発サービスは、お客様のWebサイト環境や希望工数、内容に合わせたオーダーメイド式のお見積もりとなります。
以下は参考価格としてご覧ください。

《RFP作成コンサル》
・工数目安:2週間〜
・費用:50万円

 

 

基本的な流れ

キックオフ プロジェクトの目的や開発中〜納品以降にかかる要求事項、現行業務、ご予算をヒアリングします。往訪、またはWeb会議にてお伺いします。
要件定義 キックオフでヒアリングした内容を元に、対象範囲・進め方・優先度・工期・予算などを定義します。
見積もり 要件定義の内容を元に最終的な見積もりを算出します。
現状調査 現行Webサイトやシステムの状態を調査します。
課題抽出 現状調査とヒアリング事項を踏まえ、問題と課題を抽出します。
施策の策定 抽出した課題を元に、リニューアルが良いのか、部分改修が良いのか、他の手打ちを考えた方が良いのか、などの施策を策定します。
RFPの策定 施策案の合意をいただけましたら、概要や要件をRFPに落とし込む作業を行います。
ご納品 RFP情報のファイルデータをご納品いたします。ファイル形式は事前にご要望をお伺いします。

Webサイト・システムの
お悩みがある方は
お気軽にご相談ください

無料相談・サイト診断

出張またはWeb会議にて
貴社サイトの改善すべき点のご提案や
ご相談事項に回答いたします。

会社案内ダウンロード

サービシンクの強みや実績を
まとめた会社案内を
ダウンロードいただけます。

ページTOP