2021.08.26

CSS Nite「求められるディレクションの中味とその費用」に代表の名村が登壇いたします。

CSS Nite「求められるディレクションの中味とその費用」

CSS Nite「求められるディレクションの中味とその費用」

2005年から継続的に開催されているWeb制作に関わる方の為のセミナーイベント「CSS Nite(シーエスエス・ナイト)。2021年9月14日に開催されるイベントに代表の名村が登壇をすることとなりました。

名村は1996年からWebディレクターとして活動をはじめ、現在も現場でディレクターとして活動をしています。また更新育成として「Webディレクター育成講座」を通して更新の育成に努めております。その名村からディレクターとしてのキモとなるべき部分にフォーカスしたイベントとなっています。

イベント概要「求められるディレクションの中味とその費用」

ディレクターが自分の仕事に自信をもち、業務の中で何をなし得なければならないのか?の理解を促します。

次のような悩みを持たれている方へ、ディレクションの中でもあまりにも当たり前すぎて「仕事」として理解がしづらい部分を明確にしていきます。

  • 「ディレクションをしているが、何が重要なのか分からない」
  • 「クライアントからディレクション費に指摘が入るが、その費用が何なのか説明ができない」

ディレクターの業務として目立つものは次の業務です。

  • 要件定義
  • 企画立案
  • 見積作成
  • ワイヤーフレーム
  • コミュニケーション

しかし、これらの業務は、デザイナーのデザイン作成、マークアップエンジニアのマークアップやCSS作成などと同じ「実作業」です。一方、ディレクションは、突き詰めれば「進行管理」や「制作指導」であり、前述の作業とは別の業務です。

サービシンクではディレクションに内包される業務を細分化し、誰が何にどれだけの時間がかかっているのかをドキュメント化しています。

一般的にウェブ制作の見積もりは「作業時間」で表現されます。
ディレクションの中味が細分化され、対応時間が出せれば、それはコストとして算出することができます。

これらを通して「ディレクションの重要性」を理解し、「クライアントへの費用の説明」に自信を持って答えられるように成るのを目指します。

イベント詳細・申し込み

このイベントはCSS Niteのイベント申し込みページから受け付けております。

上記のページよりぜひお申し込みください。
みなさまのご参加をお待ちさせていただきます。

    Webディレクターとして25年以上のキャリアを持つエキスパートが講師を務めます

    講師を務める名村晋治は、1994年にインターネットに出会い、Web制作黎明期から多くの大手企業のWebサイト制作に携わってきました。

    2000年から2005年までは不動産検索サイト「LIFULL HOME’S」を運営する株式会社LIFULL(在職時は株式会社ネクスト)にてディレクター職に従事し、基幹事業であるHOME'S、新築HOME'Sのユーザ画面からHOME'S Managerまでの設計・構築にフロントエンドエンジニアとしても従事。

    その後、都内のWeb制作会社の取締役を経たのち、ホームページ・Web制作会社 サービシンク(東京都新宿区)を立ち上げ代表取締役に就任。現在も第一線で要件定義・コンサルティング・実装判断を行っています。

    Webサイト・システムの
    お悩みがある方は
    お気軽にご相談ください

    お問い合わせ 03-6380-6022(平日09:30~18:30)

    出張またはWeb会議にて、貴社Webサイトの改善すべき点や
    ご相談事項に無料で回答いたします。

    無料相談・サイト診断 を詳しく見る

    多くのお客様が気になる情報をまとめました、
    こちらもご覧ください。

    TOP