TOP制作実績アプリケーション開発 > 野村不動産「10周年イベント来場予約・入場管理」アプリ

野村不動産「10周年イベント来場予約・入場管理」アプリ

株式会社サービシンク×野村不動産株式会社

アプリ開発による来場予約の効率化で、空席を減らし開催後の集計も簡単に!

 

お客様の状況

プラウド10周年イベント

自社の物件ブランド「プラウド」の10周年を記念し、グループ会社を含めてエンドユーザをご招待するイベントを企画。 東京国際フォーラムで開催を予定しており、当日の想定として約1万の来場を見越していました。

当日にセミナーも幾つかのブースで多数開催し、それぞれに定員があることから下記3点の実現が必要でした。

  • イベント自体への来場予約
  • 入場者管理・集計
  • セミナーへの予約

 

入会、資料請求、マイページの各種導線の中で、集客を兼ねた来場予約を行え、その流れから当日の入場チケット発行、セミナー予約を行える仕組みの構築を希望しておられました。

 

サービシンクの仮説

1. 事前予約

  • 来場予約の行為自体が登録の障壁にならないように、サイト回遊において登録時の負担が極限まで下げる施策が必要である。
  • 事前予約を行った時に印刷ベースに物の提示では、当日に持参を忘れた方、印刷手段をお持ちではない方への対応負荷が高くなると想定される。
  • 来場予約者に対して、事前予約を郵送物で送付する場合、直前の予約者への対応ができなくなるためその手段も取れないことが想定される。

 

2. 当日のオペレーション

  • イベントが「感謝祭」であり、クライアント様側の意向としてユーザの入場時のオペレーションを野村不動産の従業員で行うため、事前のトレーニング等は難しく、入場処理を極力簡易化した仕組みで検討をしなければならない。
  • 全体の会場オペレーションを考えた時、想定している来場者数に対して入会管理を氏名等での突き合わせ処理では、入場口での混乱が想定される。

 

3. 会員戦略

  • 今後の会員戦略としては、来場予約から来場までをプラウド会員が行った場合には、行動履歴データとして積む仕組みにしておくべきである。

 

実施策

プラウド10周年イベント

1. 事前予約について

  • プラウドサイトでの新規プラウドクラブ会員登録、物件への資料請求、マイページでの資料請求の各完了画面、また「プラウドBOX 感謝祭」のバナーから遷移する先に、イベント来場申し込みが可能なフォームを作成。
  • 管理画面側で来場予約者がリアルタイムに集計ができ、かつ電話、FAX、個別のメールからの申込の場合にも、その方が会員かどうかをチェックした上で個別に来場予約データを登録できる機能の開発。
  • 申し込みフォームにアクセスしたユーザが既にプラウドクラブ会員の場合には、ログイン処理を行うことで、個人情報が補完された状態になる対応。
  • 来場申し込み後に、当日開催されるセミナーへの参加申し込みが可能なフォームの作成。
  • セミナー申し込みフォームには、各セミナーの個々の開催時間ごとに受付可能人数の上限を設定し、申し込み上限に達した場合には受付を停止する機能。
  • セミナー個々に対しても、電話、FAX、個別のメールからの申込があった場合に個別に管理機能から登録ができ、かつ上限人数以内に収める仕組みの開発。
  • 申し込み完了画面にはQRコードを発行し、印刷・携帯メールアドレスへの転送が行える。

 

2. 当日のオペレーション

  • 野村不動産の従業員が入場処理を行えるように、QRコードをカメラで読み取るだけで完了となるアプリの開発。
  • イベント当日の入場ゲートではiPod touchを50台配置し、iPod touchのカメラでQRコードを読み取る事で会員データベースを参照し、画面上にも氏名等を表示させることで来場データをリアルタイムで把握、会員データと紐付ける独自iOSアプリの開発と、50台のiPod touchへのアプリのインストール手配。
  • 当日の入場ゲートでのアプリケーション利用のオペレーション対応として、両日バックヤードでの待機と不具合時の対応。

 

3. 会員戦略

  • 来場者数のリアルタイム集計アプリを開発。

 

成果

セミナー申し込みフォームで残人数等を掲載し、どのセミナーでも空席を少なくすることに成功! イベント2日間で当初の想定を超える16,000人の来場となるイベントとなったが、入場口では一切滞ることなく、来場処理を完遂! 2日目の入場締め切りをした時点で、総来場者数をリアルタイムに算出可能に! その後の報告資料としての入場者データの出力も、クライアントの既存CMSに機能組み込みによって、ユースケースに応じた出力が可能に!

体制

野村不動産株式会社


mu

Webサイト制作・ホームページ制作・システム開発・運用のことで、お困りではありませんか?

我々は25年以上に渡って数々のWebサイト制作・ホームページ制作を手掛けてきました。東京都内でも、戦略策定からホームページ制作、システム開発から保守運用、さらにはA/BテストといったCRO対策までに強いWeb制作・ホームページ制作会社は多くありません。

その中でも我々は特に不動産業界においては不動産ポータルから中〜大手不動産会社、地場の不動産会社までおよそ不動産業界のあらゆるサイトを手がけてきました。
不動産会社様のお困りの事象にはさらに一歩踏み込んだご提案が可能です。

 

システム構築について問い合わせる

Web会議にも対応しております。
ご希望の場合はその旨ご記載ください。

会社名[必須]
[必須]
[必須]
メールアドレス[必須]
電話番号[任意]

Web会議にも対応しております。

《例》

  • ◯◯のサービス内容を詳しく知りたい。
  • 詳細な会社案内が欲しい。
  • https://xxxx.co.jpの問い合わせ率を改善したい。施策を提案して欲しい。
  • Webサイトのデザインをリニューアルしたい。見積もりを提出してほしい。
  • 管理システムの使い勝手が悪い。改善を相談したい。
  • ABテストを検討しているので、一度相談したい。
  • Webサイトに問題を感じているが課題が具体的になっていない。そこから相談したい。
対象サイトURL
[任意]
想定のご予算
[任意]

おおよそで問題ございません。

お問い合わせフォームにおける
個人情報の取り扱いについて

1. 組織の名称又は氏名

株式会社サービシンク

2. 個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

齋藤 祐子  管理部 
メールアドレス:
privacy_info@servithink.co.jp

3. 個人情報の利用目的

  • 各種お問い合わせ対応のため
  • 弊社サービスのご案内の為

4. 個人情報の取り扱い業務の委託

個人情報の取扱業務の全部または一部を外部に業務委託する場合があります。その際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理させます。

5. 個人情報の開示等の請求

お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。 その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。 なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。
株式会社サービシンク
 個人情報問合せ窓口
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-3
太田紙興新宿ビル6F
メールアドレス:privacy_info@servithink.co.jp

6. 個人情報を提供されることの任意性について

お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。
[必須]

Webサイト・システムの
お悩みがある方は
お気軽にご相談ください

無料相談・サイト診断

出張またはWeb会議にて
貴社サイトの改善すべき点のご提案や
ご相談事項に回答いたします。

会社案内ダウンロード

サービシンクの強みや実績を
まとめた会社案内を
ダウンロードいただけます。

ページTOP