不動産会社のブランディングとは。必要性とメリットを解説!

不動産会社のブランディングとは?

不動産会社において顧客を増やし、物件販売数や売上を伸ばすには、ブランディングが必要です。 「ブランディング」とは、会社のブランド力を高めて、知名度を広げることをいいます。

ブランドという言葉を聞くと、高級なカバンや服を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし不動産会社をはじめとする企業の名前も、立派なブランドのひとつです。 消費者が物件を探すときは、知名度が高く、信頼できる不動産会社を選ぶ傾向があります。つまり、消費者から選ばれるにはブランド力が左右するため、ロゴやキャッチコピーを見ただけで会社の名前を連想するような、良いイメージをもってもらいましょう。 今回は不動産会社におけるブランディングの必要性を解説しながら、知名度拡大のためにブランディングを行う際のポイントについてご紹介します。

不動産会社のブランディングが必要とされる理由

不動産会社の数は、年々増加傾向にあります。公益財団法人不動産流通推進センターの統計によると、平成30年時点で約33万件以上にのぼり、多くの不動産会社が少ない消費者をとりあうことで競争が激化しています。

出典:「2020 不動産業統計集」(公益財団法人不動産流通推進センター)

また、特に不動産の売買は高額な費用がかかるため、多くの人にとって一生のうちに何度も経験する機会はありません。消費者は不動産会社選びに慎重になり、会社の知名度を重視し、より信頼できる会社を選ぶ傾向があります。

特に、一般媒介契約の場合は、複数の不動産会社で同じ物件を一斉に取り扱うため、物件そのもので差別化を図ることはできません。同じ条件のなかから消費者に選ばれる会社になるためには、信頼感を高めるイメージ戦略が必要です。

そのため、不動産会社にブランディングが必要とされる理由は、認知度を向上させ、多くの消費者から自社を選んでもらうためといえます。

【不動産】ブランディングで期待できる効果

ブランド力を高めて消費者からの信頼を得ると競争力がつき、不動産市場で優位に立つことができます。

そのほかにもさまざまなメリットがあるため、不動産会社がブランディングを行うことによって得られる効果を見ていきましょう。

安定して収益を上げられる

不動産会社がブランド力をあげると、売上や収益アップが期待できます。なぜなら、信頼できる知名度の高い企業は、消費者から選ばれやすいからです。

商品やサービスを選ぶ際、消費者の多くは、自分がよく知っている企業を選ぶ傾向があります。物件の価格が他社のほうが安くても、消費者の信頼を勝ち取ることができていれば、自社を選んでもらいやすいでしょう。

広告宣伝費の削減につながる

自社をブランド化することは、広告宣伝費の削減につながります。消費者は信頼性の高い企業をSNSで発信することがあるため、ファンになってくれた消費者が自発的に会社の名前を広げてくれるからです。

ファンによる発信が増えれば、それだけ企業名や自社の魅力が人の目に触れる機会が増えます。企業としては手間とコストをかけずに、効率良く広告発信ができるでしょう。

不動産会社がブランディングを行う際の3つのポイント

企業の認知度を広げるには、目的を明確にして取り組むことが大切です。同じブランディングでも、不動産会社が他業界や他業種の手法を真似しても、うまくいきません。

不動産会社のブランディングは物件を高く売るためではなく、事業の継続が目的です。なぜなら、同じ物件であれば、その物件を取り扱う不動産会社によって賃料などの価格が大きく変わらないためです。

そこで、知名度を広げることで信頼性を高め、潜在顧客を含めた多くの消費者に末永くリピートされる会社を目指しましょう。

自社独自の強みを洗い出す

最初に、競合他社と差別化できる自社の強みを洗い出して、戦略に反映させる必要があります。

たとえば、「特定分野の実績が多い」、「新生活のサポートが手厚い」などは不動産会社における大きな強みになります。

他社と競える強みや特色がない場合は、改めて自社の良さや魅力を掘り起こすことが大事です。自社が位置する立地や担当者、扱う物件も含めて総合的に考え、なにをアピールできるか検討しましょう。

強みに適したターゲットを設定する

ターゲット層を定めることも大切です。自社の強みをアピールすれば集客につながる層を狙うことで、効率良く認知度を高められるでしょう。

物件のデザインの良さやサービス内容だけではなく、消費者のニーズに沿って自社の強みを訴求できているかが、不動産会社としての信頼につながります。

具体的なブランディングの施策を考えられるように、ターゲットは詳細に決めましょう。

ブランドのコンセプトを決める

目指すべきブランドのコンセプトを定めましょう。ブランドのコンセプトとは、消費者に対して、自社が提供する付加価値のことです。不動産会社では、主に「スタッフ」「サービス」「物件」の3つから、どこを重視するか検討しましょう。

・スタッフの魅力…地域で名前を知られている店長を「名物店長」として取り上げたり、宅建士の資格を持つスタッフを「宅建士保有者」と際立たせたり、物件契約後の「生活アドバイザー」を設置したりすることで、アピールに活用できます。

・サービスの魅力…「引っ越しプランの提案」、「各種手続きの代行」、「インテリアのアドバイス」など、サービスの強化や差別化があります。

・物件の魅力…「一人暮らし向けワンルームマンション」、「共働きの若い夫婦向け物件」などの施策が考えられます。

消費者から注目されやすい特定のターゲット層に絞って、効果的に認知度を上げていきましょう。

まとめ

ブランディングは、大手企業がするものと考える方は多いでしょう。しかし、知名度を広げるマーケティング戦略は、中小企業にこそ必要です。信頼感を高め、多くの消費者に選んでもらうためにも、ぜひ前向きに取り組んでみてください。

不動産会社のブランディングには、自社のWebサイトで、ターゲットに応じたコンテンツを作成して掲載することやコンセプトを元に既存の掲載情報の加筆修正などを行うことがおすすめです。自社の魅力や物件情報を、効果的にアピールしましょう。

とはいえ、Web関連の知識や技術者がおらず、思うようにWebサイトの構築がすすまないことも多いのではないでしょうか。困ったときは無理をせず、プロを頼ることも検討してください。

サービシンクでは、不動産Webサイトの構築から機能実装、保守運用まで幅広いサービスを提供しています。不動産業界独自のシステムやルール、業務フローなどを熟知した会社なので、認知度拡大を目指すWebサイトの構築、企業のホームページの制作もお任せください。

資料請求や会員登録情報、webサイトでのアクセス情報の管理をはじめとする、業務効率を向上させる仕組みの構築も可能です。新規立ち上げのほか、Webサイトのデザインリニューアル、集客改善などの問題解決に役立ちます。

不動産会社のWebサイトの構築やシステム開発にお悩みなら、どうぞお気軽にサービシンクにご相談ください。

Web会議にも対応しております。
ご希望の場合はその旨ご記載ください。

会社名[必須]
[必須]
[必須]
メールアドレス[必須]
電話番号[任意]

Web会議にも対応しております。

《例》

  • ◯◯のサービス内容を詳しく知りたい。
  • 詳細な会社案内が欲しい。
  • https://xxxx.co.jpの問い合わせ率を改善したい。施策を提案して欲しい。
  • Webサイトのデザインをリニューアルしたい。見積もりを提出してほしい。
  • 管理システムの使い勝手が悪い。改善を相談したい。
  • ABテストを検討しているので、一度相談したい。
  • Webサイトに問題を感じているが課題が具体的になっていない。そこから相談したい。
対象サイトURL
[任意]
想定のご予算
[任意]

貴社プロジェクトにアサインする人員数の確保に影響するため、予めご予算をお知らせください。

お問い合わせフォームにおける
個人情報の取り扱いについて

1. 組織の名称又は氏名

株式会社サービシンク

2. 個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

齋藤 祐子  管理部 
メールアドレス:
privacy_info@servithink.co.jp

3. 個人情報の利用目的

  • 各種お問い合わせ対応のため
  • 弊社サービスのご案内の為

4. 個人情報の取り扱い業務の委託

個人情報の取扱業務の全部または一部を外部に業務委託する場合があります。その際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理させます。

5. 個人情報の開示等の請求

お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。 その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。 なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。
株式会社サービシンク
 個人情報問合せ窓口
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-3
太田紙興新宿ビル6F
メールアドレス:privacy_info@servithink.co.jp

6. 個人情報を提供されることの任意性について

お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。
[必須]

Webサイト・システムの
お悩みがある方は
お気軽にご相談ください

お問い合わせ 03-6380-6022(平日09:30~18:30)

出張またはWeb会議にて、貴社Webサイトの改善すべき点や
ご相談事項に無料で回答いたします。

無料相談・サイト診断 を詳しく見る

多くのお客様が気になる情報をまとめました、
こちらもご覧ください。