集客できる不動産会社がしている6つのマーケティング戦略

集客できる不動産会社がしているマーケティング戦略6選

不動産業界の市況や消費者の動向は、時代とともに変化しています。時代に合わせて、新しい集客方法も数多く登場しています。

不動産業の集客で思うような成果が得られないときは、マーケティング戦略を見直すべきかもしれません。

今回は、不動産業界の現状を解説しながら、効果的な不動産マーケティング戦略のポイントを紹介します。

『Webマーケティングの背景』不動産業界の現状

これまで不動産業界では、テレビや新聞、チラシ、DMなどの紙媒体を集客に使うのが主流でした。しかし、消費者のニーズはオンラインへと変化しています。

最初に、Webマーケティングが重要になった背景から見ていきましょう。

人口減少

不動産業界でWebマーケティングが主流になった背景のひとつには、人口減少による競争の激化が挙げられます。

日本の人口は2008年をピークに減少傾向が続いていて、総務省の統計では、2040年には生産年齢人口が5,978万人まで減少すると予想されています。

そのような状況下において、不動産会社同士は少ない消費者を取り合い、ますます競争は激化するでしょう。集客を伸ばすには、他社との差別化を図り、ユーザーに選ばれる工夫をしなければなりません。

出典:「情報通信白書平成30年版」(総務省)

スマートフォンの普及

スマートフォンの普及で、誰もが気軽に不動産情報を収集できるようになったことも、Webマーケティングが注目を集めるようになった一因です。

これまで不動産業のマーケティングといえば、テレビや新聞、チラシ、DMといった広告が主流でした。

スマートフォンが普及した今、消費者はインターネット上で多くの物件情報を入手し、比較できます。そうした消費者の動向にあわせて、Webマーケティングにシフトした戦略を展開する必要があるでしょう。

不動産業界のWebマーケティング戦略

それでは、多くの企業が取り入れている不動産マーケティング戦略を見ていきましょう。

消費者はインターネット、特にスマートフォンで情報収集をする傾向にあります。マーケティング戦略にもいくつかの手法があるため、アピールしやすいものを選んでください。

ポータルサイト

Webマーケティング戦略において不動産ポータルサイトの活用は主流となっています。すでに知っている方も多いのではないでしょうか。

大手不動産会社が運営するポータルサイトに物件情報を掲載し、集客する方法です。物件を探す多くのユーザーが利用しており、情報が閲覧される確率を増やせます。

ただし、掲載される物件数が多いことで情報が埋もれやすいため、差別化を図る工夫が必要です。

SUUMO(スーモ)

株式会社リクルートが運営する不動産関連の総合ポータルサイトで、 2015年1~2月の調査において住宅検討者の約7割が住まい探しといえばSUUMOと答え、ユーザー想起率№1を誇ります。

SUUMOの公式サイトに掲載料の記載はないものの、物件の掲載料金は従量課金制で、広告枠や大きさによってさまざまです。広告枠は期間ごとに販売されているため、確認しておきましょう。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

株式会社LIFULLが運営するポータルサイトで、2017年のデータですが、Gomez賃貸不動産情報スマホサイトランキングで数多くの№1を獲得しています。Gomez賃貸不動産情報スマホサイトランキングとは、サイトの利便性やサイトの安定性などの視点から191の調査項目を評価したランキングのことです。

物件掲載の料金プランには、ユーザーからの問い合わせをもって課金される「問い合わせ課金プラン」と、掲載する物件数によって決まる「掲載課金プラン」があります。利用する際は、2つのプランから、営業スタイルにあわせて選ぶと良いでしょう。

at home(アットホーム)

アットホーム株式会社が運営する、老舗の不動産ポータルサイトです。同社調べでは、賃貸情報サイトの物件掲載不動産店舗数№1です(2020年12月時点)。
料金は掲載する物件数に応じて発生するため、事前に確認しておきましょう。

ホームページ

自社ホームページのアクセス数を増やして、問い合わせや反響につながる取り組みも実施しましょう。

スマートフォンに対応させる

消費者がポータルサイトから気になる物件を探したら、次のアクションとして不動産のホームページに遷移して、どういった会社なのかを調べる傾向があります。その際にスマートフォンに対応したホームページではない場合、消費者は離脱してしまう可能性が高いです。離脱防止のためにもスマートフォン表示を最適化しておきましょう。

SEO/コンテンツマーケティングを実施する

自社の顧客獲得を見据え、不動産に関する有益な情報を記載した記事の発信にも工夫しましょう。また、記事を書くだけでなく検索エンジンに評価されやすい、サイト設計を見直したり内部的リンク構造の調整をしたりしましょう。

一部はマーケターの領域にもなるため、セミナーに行ったり無料相談を活用したりすることをおすすめします。

Web広告

インターネット上に広告を出稿し、物件を掲載して集客する方法です。

Web広告では、出稿期間や時間、地域などのターゲットを絞って、自由に予算を設定できます。うまく組み合わせれば顕在層だけでなく、潜在層にもアプローチできるでしょう。

SNS

Facebook、Twitter、Instagram、TikTokなどを使用して、物件情報を発信する手法です。SNSは検索エンジンにとらわれない集客ができ、ユーザーとコミュニケーションがとれる点が魅力です。

近年は消費者と企業側のコミュニケーションチャネルは多用化しています。他の業界に目を向けると消費者と企業はSNSでコミュニケーションを取ることが一般的になっています。そのため消費者は不動産会社に対しても同様にSNSでのコミュニケーションを求めている可能性が高いといえます。

メールや電話、そこに新たなコミュニケーションチャネルを追加するのは簡単ではないでしょう。とはいえ、消費者の動向は時代とともに変化するため、常に消費者に応じた戦略が求められます。

メール・LINE

なんらかの接点があってつながったユーザーに、メールやLINEを使って物件情報を発信する方法です。比較的コストをかけずに、ユーザーに興味をもたせて行動を促すマーケティング戦略です。

LINEの場合は、集客や販促に特化した「LINE公式アカウント」を活用すると良いでしょう。

LINE公式アカウントとは企業や店舗などのビジネス用アカウントのことです。ユーザーがLINE公式アカウントと『LINEの友だち』になることで、企業や店舗側は「物件情報」や「サービスの告知」をユーザーに一斉に配信できます。また、複数のユーザーに一斉送信できるだけでなく、個人メッセージで具体的な物件の相談が可能です。

MA(マーケティング・オートメーション)

MA(マーケティング・オートメーション)とは、企業のマーケティング活動を自動化できるツールのことです。Web上での集客業務を効率化する手段として注目されています。

事前にWebサイトを用意する必要があるものの、MAでは見込み客リストの作成や管理、メール配信、レポート作成などの一元管理ができます新たな顧客の発掘だけでなく、コミュニケーションを活性化させることで、集客を増やす効果が期待できます。

Webの集客力を高めるなら

不動産マーケティング戦略で集客を高めるなら、Webサイト構築のプロに依頼することも選択肢のひとつです。

サービシンクでは、上流工程から戦略的に企画や設計を考え、お客様が成果を出せる施策と具体案をご提案しています。

サービシンク制作実績の8~9割が、不動産関連サービスのWeb制作・スクラッチ開発で占めています。ABテストやアンケート調査を実施して、最適なWebマーケティング戦略を提案することも可能です。

Webサイトやシステム構築にお悩みなら、どうぞお気軽にご相談ください。

まとめ

スマートフォンの普及や競争の激化を背景に、不動産会社のマーケティング戦略は時代に合わせて変化しています。これまでの新聞やチラシなどの紙媒体から、インターネットを利用したWebマーケティングの戦略が必要です。

Web会議にも対応しております。
ご希望の場合はその旨ご記載ください。

会社名[必須]
[必須]
[必須]
メールアドレス[必須]
電話番号[任意]

Web会議にも対応しております。

《例》

  • ◯◯のサービス内容を詳しく知りたい。
  • 詳細な会社案内が欲しい。
  • https://xxxx.co.jpの問い合わせ率を改善したい。施策を提案して欲しい。
  • Webサイトのデザインをリニューアルしたい。見積もりを提出してほしい。
  • 管理システムの使い勝手が悪い。改善を相談したい。
  • ABテストを検討しているので、一度相談したい。
  • Webサイトに問題を感じているが課題が具体的になっていない。そこから相談したい。
対象サイトURL
[任意]
想定のご予算
[任意]

貴社プロジェクトにアサインする人員数の確保に影響するため、予めご予算をお知らせください。

お問い合わせフォームにおける
個人情報の取り扱いについて

1. 組織の名称又は氏名

株式会社サービシンク

2. 個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

齋藤 祐子  管理部 
メールアドレス:
privacy_info@servithink.co.jp

3. 個人情報の利用目的

  • 各種お問い合わせ対応のため
  • 弊社サービスのご案内の為

4. 個人情報の取り扱い業務の委託

個人情報の取扱業務の全部または一部を外部に業務委託する場合があります。その際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理させます。

5. 個人情報の開示等の請求

お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。 その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。 なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。
株式会社サービシンク
 個人情報問合せ窓口
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-3
太田紙興新宿ビル6F
メールアドレス:privacy_info@servithink.co.jp

6. 個人情報を提供されることの任意性について

お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。
[必須]

Webサイト・システムの
お悩みがある方は
お気軽にご相談ください

お問い合わせ 03-6380-6022(平日09:30~18:30)

出張またはWeb会議にて、貴社Webサイトの改善すべき点や
ご相談事項に無料で回答いたします。

無料相談・サイト診断 を詳しく見る

多くのお客様が気になる情報をまとめました、
こちらもご覧ください。