不動産業界特化型制作会社サービシンク
> 賃貸の不動産仲介店舗が消える日は来る?全国の20代〜30代の男女に聞きました!

賃貸の不動産仲介店舗が消える日は来る?全国の20代〜30代の男女に聞きました!

2018/07/18 調査レポート

Servithink 株式会社サービシンク

不動産業界に特化したサイト制作会社の株式会社サービシンクでは、2018年7月11日~2018年7月12日の期間で、全国の20~30代の男女337名に対し、「不動産仲介店舗の必要性」に関する意識調査を実施しました。

 

無人コンビニや無人カフェ等、店舗の無人化の波が不動産仲介業界にも届いてきました。IT重説やVR等のIT技術も普及してきている今、無人店舗やそもそも無店舗型の仲介業ができるという意見も不動産会社側からは聞くようになりました。
今、お部屋を探す人に無人店舗、無店舗型の不動産業態は受け入れられるのか?「賃貸のお部屋を探す」前提で全国の20〜30代男女にアンケートを実施致しました。

 

1. 賃貸のお部屋を契約する際、インターネット上で公開されている物件情報を閲覧して、「納得できれば」内見をせずに契約しても良いですか?

この設問に対して、過半数の63.5%の方がインターネット上の物件情報を閲覧して納得しても内見しない限り「契約したくない」を選択しました。今はまだ借り主にとって実物を見る「内見」は契約する上で重要だと考えられます。

反面、36.5%の方が内見をしなくても契約に至る可能性があります。物件から離れた場所に住んでる等、容易に内見ができない状況にある方にとってはインターネット上で納得できるだけの情報が得られれば内見しなくても契約に至る可能性はありそうです。

1. 賃貸のお部屋を契約する際、インターネット上で公開されている物件情報を閲覧して、「納得できれば」内見をせずに契約しても良いですか?
  • 契約したくない:214(63.5%)
  • 特典があれば契約しても良い:73(21.7%)
  • 契約しても良い:50(14.8%)

 

2. どの様な情報がインターネット上で閲覧できたら内見せずに契約する可能性が高まりますか?

一般の方に選択式で回答してもらった結果、豊富な枚数の写真・360度動画が最も票数を集めており、同数の225票でした。以前の調査でVR内覧は「してみたい」という意見は多くみられましたが、本調査の結果を鑑みますと、契約をゴールとするのであれば、まだ写真の枚数を増やしたり、360度動画を設置する方が効果的なようです。

実施の容易さを考えた場合、写真の枚数を増やすことが優先課題だと考えられます。

2. どの様な情報がインターネット上で閲覧できたら内見せずに契約する可能性が高まりますか?
  • 豊富枚数の写真:225(32.4%)
  • 360度動画:225(32.4%)
  • VR動画:169(24.3%)
  • チャット機能:76(10.9%)

 

3. 内見をする際に、営業マンに同行してもらいたいですか?

営業マンに同行を希望する意見が46.9%、一人で内見したい・特典があれば一人で内見したいと回答した方が53.1%いました。「特典」が何かを明記はしておりませんが、一人で内見をすることに対して過半数がネガティブではない結果となりました。

内見に営業マンが同行することは重要ですが、契約に至らずロスタイムになる場合もあります。スマートロック等を活用し、内見はお客様だけでおこなっていただき営業マンは別の業務をおこなう、でも良いのかもしれません。

3. 内見をする際に、営業マンに同行してもらいたいですか?
  • 同行してもらいたい:158(46.9%)
  • 特典があれば一人で内見してもよい:123(36.5%)
  • 一人で内見したい:56(16.6%)

 

4. お部屋に関する不明点はメールや電話で詳しく聞ける場合、店舗までいかずにインターネット上でお部屋の契約を済ませられるのは魅力的ですか?

店舗までいかずに契約ができる事に対して「魅力的」だと回答した方が過半数の61.4%いました。不動産店舗まで行き、契約を行うことが借り主にとっては「面倒」で負担な様子です。※問5

現在はIT重説等、契約に関するフローを一部オンライン化しはじめていますが、全ての契約をオンラインで可能にすることが最終的には借り主にとって最も理想の状態なのかもしれません。

4. お部屋に関する不明点はメールや電話で詳しく聞ける場合、店舗までいかずにインターネット上でお部屋の契約を済ませられるのは魅力的ですか?
  • 魅力的:207(61.4%)
  • 魅力的ではない:130(38.6%)

 

5. 【はい】と、応えた理由を下記の中からお選び下さい。

5. 【はい】と、応えた理由を下記の中からお選び下さい。
  • 出向くのが大変・面倒なので、いかなくて良いのは魅力的。:167(80.7%)
  • 先進的な契約方法で契約してみたいので魅力的。:20(9.7%)
  • なんとなく怖いので、いかなくて良いのは魅力的:12(5.8%)
  • その他:8(3.9%)

 

契約するためには内見は必要。ただし豊富な写真や360度動画等があれば内見せずに契約を決める可能性がある。そして一人で内見することへの抵抗は薄く、契約も全てオンラインで済むなら魅力的…。

今回の調査で、不動産仲介店舗で行われている営業活動はIT技術の活用で代替できる可能性があると分かりました。同時に借り主もオンライン化を魅力的に考えている様子でした。
今回の調査は20〜30代の男女に回答頂きました。この年代の方が既にオンライン契約を魅力的と感じている今、次の世代では高い確度で「営業マンの対面営業を介さないオンライン契約」は違和感ない一般的なスタイルになると考えられるのではないでしょうか。

 

調査概要
調査名: 賃貸の不動産仲介店舗が消える日は来る?
調査期間:2018年7月11日~2018年7月12日
調査対象:全国の20~30代の男女
実施方法:Webアンケート調査
回答件数:353件
有効回答件数:337件
有効回答率:95%

 

不動産業界のWebサイトのことで、お困りではありませんか?

不動産業界のWeb制作に特化し、戦略策定からサイト制作、システム開発から保守運用、さらにはA/BテストといったCRO対策までに強いWeb制作会社は多くはありません。
我々は不動産ポータルから中〜大手不動産会社、地場の不動産会社までおよそ不動産業界のあらゆるサイトを手がけてきました。
不動産会社様のお困りの事象に一歩踏み込んだご提案が可能です。

お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
※2019年度新卒採用は募集を締め切りました。

ページTOP