TOP制作ブログマーケティング > 【最安10万円〜】300名アンケート調査でWebサイトの反響UPのススメ

【最安10万円〜】300名アンケート調査でWebサイトの反響UPのススメ

2020/04/24 マーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業のホームページは店舗であり広告塔です。

2020年4月現在、新型コロナウイルスの影響の最中にあってホームページは直接対面せず顧客へアプローチできる手段として重要な局面を迎えています。

現在企業にとってホームページの重要性はますます上がってており、ホームページを活用できていない企業にとっては、リニューアル等の大きな施策することによって成果を上げられないかと検討している担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、リニューアルでデザインを変更するだけで効果が上がるのでしょうか?

リニューアルにはさまざまな準備についてご紹介いたしますが、その中でも「マーケティングリサーチ」と、サービシンクでおこなっている「デザイン調査」のサービスの有効性についてご紹介いたします。

 

 

リニューアルの必要性

 

まずリニューアルの手順について改めて考えてみます。

企業でホームページリニューアルを実行するときには、様々な組織の関係者、ステークホルダーなどの思惑が交差します。時には担当者が知らないところでリニューアルの実施が決まってしまうこともあるかもしれません。

しかし勇み足でリニューアルを実施すると「高額な投資をしたのに成果がでない!」となりかねません。

もしリニューアルを実施するのであればホームページに関わる情報を可能な限り収集し、データに基づいた根拠ある施策を実行しなければなりません。

場合によってはリニューアルせずとも成果向上を図れる可能性も十分にありえます。

リニューアルを根拠のあるものにするには、

  1. 現行ホームページの課題を洗い出し
  2. 課題に対し仮設を立て
  3. 仮説に対しての検証

をおこないます。

さらに「検証」を正しくおこなうには「定性的定量的」データをそれぞれを可能な限り取得しなければなりません。

以上より、ホームページにおける情報収集活動としては、

  • マーケティングリサーチ
  • ホームページのアクセス状況
  • ホームページに関わる社内・組織内の方針
  • ステークホルダーや顧客の意見

などが主だったものになります。

これらを総合的に判断し「リニューアルをするかしないか?」を決定するのが最適です。

ではその中でもWeb担当者の方でもあまり認知されていない「マーケティングリサーチ」とサービシンクのご提供している「マーケティングリサーチ実施サービス」をご紹介いたします。

 

マーケティングリサーチとは?

そもそも「マーケティングリサーチ」とは一体どういったものでしょうか?

世の中にはさまざまな商材がありますが、それらのマーケティング課題に対して、有効な意思決定をサポートするための調査・分析をおこなうことです。

Webサイトの運営におけるマーケティング・運営における課題といえば、

  • 自社のWebサイトは、どんな人をターゲットとすべきなのか?
  • 自社のWebサイトは、利用者に満足されているのか?
  • Webサイトでの商品の伝え方、情報の表示の方法はどうするべきなのか?
  • 自社サイトと競合サイトではブランドイメージはどう違うのか?
  • 実施したキャンペーンの効果はどの程度あったのか?

といったことになります。これらの課題を解決する手助けとなるのがマーケティングリサーチです。

ではマーケティングリサーチを行わなかった場合、どうなるでしょうか?企業のサイトリニューアルにおいて、

  • 社内の声の大きい人の意見デザイン、画面設計がきまる。
  • 社長の好みでデザインの採用・不採用がきまる。
  • 決める指標がないので、複数案の良いところを集めたデザインを作ろうとする。(「A案とB案を足して2で割ったような感じにして・・・」など)

といったことが起こっていないでしょうか?

 

マーケティングリサーチを行なってどうするのか?

マーケティングリサーチは行うこと目的ではありません。サイトの効果や現状を客観的に判断をするための情報に過ぎません。

しかしサイトを運営しているWeb担当者、また経営者の方はどうしても自社サイトを恣意的にみてしまい「客観的」にとらえることが難しくなりがちです。

サイト運営においてももっと重要なのは「まず現状を客観的に捉える」ことを覚えていてください。お客さまの声はもちろん重要ですが、自社のサイトの状況を贔屓目でみないために「マーケティングリサーチ」をおこなうのです。

この「マーケティングリサーチ」をおこなわずアクセス解析から判断する方法ももちろんあります。

そのためにはサービシンクがご提供している「Google データポータル」のレポート作成サービスも合わせてぜひご覧ください。Google Analyticsのデータを分かりやすいレポートの整形をするサービスで一度作成をするだけで継続的に使えるのでオススメです。

 

マーケティングリサーチの調査方法

マーケティングリサーチには大きく2つの手法があります。

  1. パネル調査(継続調査、定点調査)
  2. アドホック調査(カスタム調査、単発調査)

このうち「アドホック調査(カスタム調査、単発調査)」の中には更に2つあり、

  1. 定量調査
  2. 定性調査

となります。

サービシンクでは、

  • サービシンクでのリニューアル時における事前調査
  • ご要望を頂いての単発での調査対応

の両方で「マーケティングリサーチ」お受けしています。

またさまざまなWebサイト構築・システム開発をしていたサービシンクで主として行っているのは「アドホック調査 における 定量調査」となります。

 

サービシンクの「デザイン調査」

サービシンクではアドホック調査における定量調査をおこなっています。

実施しているのは「デザイン」における定性調査をおこない、「マーケティングリサーチ」の結果としてご提供しています。

一般的にマーケティングリサーチは多くの費用がかかります。

ですがサービシンクの提供する「デザイン調査」ではインターネット調査を採用しているため、比較的安価な「1回10万円」で実施が可能です。

インターネット調査は他の調査方式と比較すると「サンプル数(モニター人数 ※2)」を多く設定することができます。サービシンクでは毎回300人超のサンプル数での調査をおこなっています。

回答者の年齢や性別、地域、年齢層など、事業のターゲット顧客に合わせたモニターを絞り込んだとしても十分なデータ取得が可能になっています。

またサービシンクでは調査開始から結果を得るまで1週間以内とスピーディーに結果をご提供ができるのも特徴です。

ただし質問の設計によっては回答者の本音が引き出せないケースがあるため、事業者の目的(仮説の検証等)に合わせて質問・回答内容をカスタマイズする必要があります。

 

「デザイン調査」の主な特徴

当社のサービスである「デザイン調査」がなぜ「マーケティングリサーチ」として有益なのか?についてご説明をさせていただきます。

1.自社競合ホームページとの比較調査ができる

競合のホームページをピックアップし、比較してそれぞれのページに対する意見を取得する事ができます。
取得した意見を参考に他社ページの良いデザインの取り込み悪いデザインの回避することで、改善施策に繋げることができます。

2.ホームページ制作前にデザインの評価が可能

ホームページを制作した後の修正は時間・コストが掛かります。
コーディング前にデザインの評価を取得することで現行デザインの評価ができ、手戻りが少なくなります。

3.担当者の主観を排除できる

デザインの判断は社内や担当者のスキルセットによっては難しい場合があります。
モニターからの評価は先入観が少なく、顧客目線に近い意見を取得することができます。 

 

「デザイン調査」の実施例

実際にサービシンクで行った「デザイン調査」をご紹介します。

こちらのアンケートは弊社のお客様(アンケート上のE社)案件で、競合サイトとの比較調査に用いた調査結果の一部となります。

 

アンケート表題

大手デベロッパーの不動産検索における「物件の探しやすさ」に関するアンケート

調査概要

調査期間:2019/09/26〜2019/09/27

調査方法:インターネットアンケート

調査エリア:関東

調査対象者:30代以降・性別不問

有効回答数:355人

解答デバイス:スマートフォン

調査サイト:大手不動産デベロッパーサイト(5社)

 

調査内容

首都圏の戸建て・マンションを購入・検討したことがある方へ。
物件の探しやすさに関する アンケートを実施いたします。

各社のページを表示し、物件の詳細情報ページを表示するまでの 検索機能の使いやすさや、ストレスの有無についてご解答下さい。

質問1

閲覧したホームページで最も検索が使いやすい。見やすいものはどれですか?(1つ選択)

選択肢

A社
B社
C社
D社
E社
質問2

問1の回答理由に近いものを選択してください(複数選択可)

選択肢

迷わず[検索]ができた
文字や画像の大きさ、色が見やすい
メニューやナビゲーションからいつでも物件検索ができる
[特集][沿線検索]など、検索条件の数が適切
画面の表示スピードが快適だった
ページを移動する(読み込む)回数が少ない
その他

 

こういった設問を数個〜十数個作成いたします。サービシンクでは過去のマーケティングリサーチの実績から、これらの「比較検討をする上で有意な質問」を作ることが可能です。

その後全国の無作為に選出をした300人超の方に向けてアンケート調査をおこなっています。そして行なったアンケートの結果は下記のようなレポートにまとめます。

アンケートの結果集計

「質問1」の集計結果サンプル

アンケート結果(グラフ)

大手不動産デベロッパー5社のうち、B社が全体の106票(29.86%)で最も票を獲得している。E社の支持率は全体の20.00%、5社中3位の得票数。

「質問1」では5社の中での差異の有無を確認していました。その上で次の質問ではそれぞれの企業が選択されている理由を掘り下げて行きます。

「質問2」の集計結果サンプル

アンケート結果(表)

B社が「検索のし易さ」において他社より圧倒的に良い評価を得ている。
なおかつ他の項目においても概ね高評価となっており、全体の評価を1番獲得している理由になっている。

E社は「文字や画像の大きさ、色の見やすさ」ではある程度得票を得られているが、総論としてほぼ全ての項目においてB社に見劣りしている状態である。

これらより、「B社のホームページは不動産デベロッパーのホームページとしてベンチマーク企業として優れている。得票数が多い=反響率が高いと咀嚼する場合、制作時にB社のデザインを参考にすることでKPI改善を期待できる。」

といった推論がなし得られます。これはもちろんサンプルとしての簡易的なレポートです。実際にはこれよりも多くの設問回答を含めて総合的に判断をさせていただき、レポートのご提出、もしくはクライアントのWeb担当者様とご一緒に多角的に検討をさせていただくお手伝いもしています。

一見容易にお思いかとは思いますが、実際には、

アンケート設問作成

設問への回答者を選出とアンケートの実施

300を越えるアンケート結果の集計と整理

それらを元にしたマーケティングリサーチ結果の作成

といった作業を一括でごいらいいただくことで、「自社のサイトが競合と比較してどういう状態なのか?」という客観的なデータを取得いただけます。

ぜひ弊社の「マーケティングリサーチ実施サービス」を積極的にご利用ください。

 

サービシンクが独自で行っているデザイン調査

工期と費用

デザイン調査をご依頼頂きましたら、まず調査目的・内容のヒアリングをさせて頂きアンケート調査の設計を行わせて頂きます。調査内容が固まりましたらアンケート実施(通常3日〜1週間程度)し、結果をサービシンクのコンサルタントがレポート資料にまとめてご納品させていただきます。


工期:約2週間(※)
費用:1回の調査につき10万円

※調査内容の設計内容により、お時間を頂く場合がございます。

 

貴社ホームページの課題をご相談ください

企業の課題は千差万別ですが、仮説を仮説のままにせず定性・定量なデータを取得して「成果」を出すリニューアルを目指しましょう!

「デザイン調査」はリニューアル時のデザイン評価のみではなく、リリース後の検証や、改善活動の調査としても有用なデータを取得できます。ぜひ貴社のホームページの課題をご相談ください。

「デザイン調査」のご依頼は以下のフォームから問い合わせが可能です。

 

Web会議にも対応しております。
ご希望の場合はその旨ご記載ください。

会社名[必須]
[必須]
[必須]
メールアドレス[必須]
電話番号[任意]

Web会議にも対応しております。

《例》

  • ◯◯のサービス内容を詳しく知りたい。
  • 詳細な会社案内が欲しい。
  • https://xxxx.co.jpの問い合わせ率を改善したい。施策を提案して欲しい。
  • Webサイトのデザインをリニューアルしたい。見積もりを提出してほしい。
  • 管理システムの使い勝手が悪い。改善を相談したい。
  • ABテストを検討しているので、一度相談したい。
  • Webサイトに問題を感じているが課題が具体的になっていない。そこから相談したい。
対象サイトURL
[任意]
想定のご予算
[任意]

おおよそで問題ございません。

お問い合わせフォームにおける
個人情報の取り扱いについて

1. 組織の名称又は氏名

株式会社サービシンク

2. 個人情報保護管理者(若しくはその代理人)の氏名又は職名、所属及び連絡先

齋藤 祐子  管理部 
メールアドレス:
privacy_info@servithink.co.jp 
TEL:03-6380-6022

3. 個人情報の利用目的

  • 各種お問い合わせ対応のため
  • 弊社サービスのご案内の為

4. 個人情報の取り扱い業務の委託

個人情報の取扱業務の全部または一部を外部に業務委託する場合があります。その際、弊社は、個人情報を適切に保護できる管理体制を敷き実行していることを条件として委託先を厳選したうえで、機密保持契約を委託先と締結し、お客様の個人情報を厳密に管理させます。

5. 個人情報の開示等の請求

お客様は、弊社に対してご自身の個人情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正・追加・削除、利用の停止または消去、第三者への提供の停止)に関して、当社問合わせ窓口に申し出ることができます。 その際、弊社はお客様ご本人を確認させていただいたうえで、合理的な期間内に対応いたします。 なお、個人情報に関する弊社問合わせ先は、次の通りです。
株式会社サービシンク
 個人情報問合せ窓口
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-10-3
太田紙興新宿ビル6F
メールアドレス:privacy_info@servithink.co.jp
TEL:03-6380-6022
(受付時間 9:30〜18:30 ※土・日曜日、祝日、
年末年始、ゴールデンウィーク、お盆を除く) 

6. 個人情報を提供されることの任意性について

お客様がご自身の個人情報を弊社に提供されるか否かは、お客様のご判断によりますが、もしご提供されない場合には、適切なサービスが提供できない場合がありますので予めご了承ください。
[必須]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイト・システムの
お悩みがある方は
お気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6380-6022

平日 9:30~18:30

無料相談・サイト診断

出張またはWeb会議にて
貴社サイトの改善すべき点のご提案や
ご相談事項に回答いたします。

会社案内ダウンロード

サービシンクの強みや実績を
まとめた会社案内を
ダウンロードいただけます。

ページTOP