不動産業界特化型制作会社サービシンク
> 家を決める時の地図へのマッピングサイト

家を決める時の地図へのマッピングサイト

2012/07/01 サイト制作

引越し先を検討する際に、候補となっている物件を地図に簡単にマッピングすることが可能なサイト。

いえキメまっぷサイトトップページ

https://iekimemap.jp(自社内にて稼働中)

 

自社開発に至った状況

  • 引越し先を検討する際、不動産会社にいった時に渡されるのはそれぞれの物件の概要が書かれた紙(ファクトシート・マイソク)となり、複数店舗で多数の物件を見ている場合に整理が煩雑になる。
  • 候補物件を内覧しにいった際、どうしても物件そのものにフォーカスしてしまうが、住環境としての近隣情報を調べる。
    Google Mapで検索は容易だが、ここの物件ごとに調べていかねばならず、包括的に一元管理をすることができない。
  • 引越し先を検討する上で、引越し先候補を調べるのは不動産会社のサイトや不動産検索ポータルで可能だが、「最終的に家を決める」までの部分にインターネットのツールが入っていないのを改善していかなければユーザの利便性は向上しない。

 

課題

  • 家を探す上で直感的に候補を地図にマッピングできるユーザーインターフェース(UI)の検討
  • 「家を探す、決める」といった行動に対しての「楽しさ」の提供をどのようにすれば行なうことができるか?というユーザ体験の検討
  • 自社でのサービスとして開発は行なうがマネタイズを行なうことが可能なサービスなのか?
  • テキストボリュームも多かった為、全てリライト

 

実施策

  • Google Mapに対して複数の候補物件の位置を容易にマッピングができる
  • 地図とは別に登録物件が一覧で閲覧ができ、自分の中での候補物件の優先度を容易に変更が可能
  • 不動産会社から提供されている物件情報のPDFや画像等を、マッピングしている情報に添付して保存が可能
  • ソーシャルログイン(Facebook、Twitter、Google、Mixi)が可能
  • 登録しているユーザの候補物件情報を不動産会社がユーザを特定できない形で閲覧が可能。
  • ユーザの登録している候補物件に対して、自社で仲介可能な非公開物件がある場合には「おすすめ物件」として表示が可能であり、おすすめ物件に対してはサイト内のチャット機能でユーザと不動産会社がコミュニケーションを取ることが可能
  • 不動産会社のマイページ機能の一部として組み込みが可能な設計
  • なお、2018年現在は一定の検証結果が得られたことより一旦サービスとしては停止しております。詳細については下部のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

成果

のべ10,000人のユニークユーザが利用をし、自身の引っ越しのおける候補物件管理に寄与。 不動産会社側に提供をした「ユーザの候補物件に対してのおすすめ物件提供機能」による成約率が7割。 不動産業界におけるインターネットツールが、不動産ポータルや不動産サイトでの候補物件検索だけではなく、候補物件選出以後のフローにおいてもパッケージング次第でより良いユーザ体験を提供できることが検証ができた。


不動産業界のWebサイトのことで、お困りではありませんか?

不動産業界のWeb制作に特化し、戦略策定からサイト制作、システム開発から保守運用、さらにはA/BテストといったCRO対策までに強いWeb制作会社は多くはありません。
我々は不動産ポータルから中〜大手不動産会社、地場の不動産会社までおよそ不動産業界のあらゆるサイトを手がけてきました。
不動産会社様のお困りの事象に一歩踏み込んだご提案が可能です。

 

いえキメまっぷのサービスについて問い合わせる

お問い合わせ内容[必須]

お客様情報

会社名
お名前[必須]
メールアドレス[必須]

当社のプライバシーポリシーを必ずお読みになり、同意いただいた方のみ「同意します」にチェックを入れ、「送信する」をクリックしてください。

[必須]

お仕事のご相談、採用、その他のご質問等は下記のフォームよりお問い合わせください。
2020年卒エンジニア採用につきましては、こちらのサイトからご応募ください。

ページTOP